ダンディー伊達先輩の 〈イケてる〉 125ccスクーター講座

Mr.Dandy

鋭い眼差しと、情に流されないワーキングスタイルで、ビッグプロジェクトには必ず一枚噛み、おいしいところでしっかりアピールしちゃう伊達先輩。
37歳、独身。役職「係長」。愛車は125ccスクーター。
女子社員も取引先も一目置くダンディーな伊達先輩が、ダンディーなライフスタイルになるための5ステップを伝授します。

※本コンテンツは125ccスクーターの共通特性を、キャラクターのライフスタイルとして表現しています。

Mr.Dandy

step 1 ダンディーな男とは モミクチャにされたりしないのだよ

通勤とは一種の旅。グレートジャーニーなのだよ。わかる?
今日出会う人々、身震いするほど画期的な新プロジェクト
素晴らしいランチやディナー……
それらに向けて精神を統一する神聖な旅の時間だ。
全力で吊革につかまり、
お気に入りのスーツをシワクチャにする時間じゃない。

僕のようになりたいなら125ccスクーターを手に入れなさい。

イケてる125cc講座 step1のイメージ

走りながら全身に浴びる風は実に気持ちが良い。
心の中にたまった垢が吹き飛び、移りゆく季節を五感で感じ取ることができる。
野に咲く花や、街を歩くレディのファッションから、商談での決めゼリフが思い浮かぶことだってある。
もちろん渋滞に翻弄されることなく、オンタイム出社。

日常の旅を楽しみ、仕事への鋭気を養うなら125ccスクーターだよ。

Mr.Dandy

step 2 ダンディーな男とは やり繰り上手なんだよ

通君はポイントカードを持ってる?
3枚?? それじゃダメだ!
僕の財布の中には常に20枚以上のポイントカードが入ってる。
いいかい、ポイントを笑う者は、ポイントに泣くよ。
ポイントとは、呼び方を変えた割引。
ポイントカードを持ってないってことは
割引を拒否するってことなんだよ。

そんな経済観念では、君に次のプロジェクトは任せられないな。
いつも言ってるだろう、時間とお金は計画的に使えと。

私が125ccスクーターに乗るのは、
経済観念を鍛えるためでもあるんだ。

イケてる125cc講座 step2のイメージ

まず税金。クルマはもちろん他のバイクと比べても
納める軽自動車税はとっても安い。
ファミリーバイク特約〔※1〕を使えば
新たに自動車保険に加入するよりグッとおトクになるんだ。
それに125ccスクーターの燃費は40km/リットルをオーバーしている(時速60km)〔※2〕。

※1 ご家族のマイカー自動車保険にファミリーバイク特約を付帯することができます。
ただし、一部加入できない会社もありますので、詳しくは保険会社にお問い合わせください。

※2 シグナスX(2010年モデル)舗装平坦路燃費数値データです。

あ~、話しているだけでゾクゾクする。

125ccスクーターには、走れば走るほどポイントが貯まるようなお得感があるんだよ!

失礼…少し取り乱してしまった。

ダンディーっていうのは格好つけるばかりじゃ駄目。
ポイントを貯めることで心と財布に余裕が生まれ、その余裕が滲み出てこそ、ダンディーを語れるんだ。

あっ!今日は近所のスーパーのポイント2倍Dayだから、僕はコレで失礼するよ。

Mr.Dandy

step 3 ダンディーな男とは 流れに乗るものだよ

オリジナリティを持て! そう指導してるよね。
でも、時には流れに乗れ! とも言ってるだろう。

たとえばお得意先とのカラオケパーティで
僕は、流行のアイドルの歌しか歌わないよね。
得意なシャンソンを歌ったところで
誰も僕のポテンシャルを理解できないからね。
だから積極的に、アイドルの曲を歌う=時代の流れに乗っているワケだ。

流れに乗れば良いこともある。
125ccスクーターは、その良い例だ。

標識や標示によって最高速度が指定されていない一般道(高速道路、国道を除く)で
125ccスクーターは、自動車と同じ60km/hで走ることができる。

エンジンパワーがある125ccスクーターは
クルマの流れに乗って走っても安定しているからね。

イケてる125cc講座 step3のイメージ

それに125ccスクーターは、交差点での二段階右折が不要。

クルマと同じ方法で、右折することができるんだ。

パーティでも道路でも
流れに乗ることで得られる幸せもあるんだよ、オトコには。

Mr.Dandy

step 4 ダンディーな男とは 女性を大事にするのだよ

会社やお得意先の女子から「おいしいホルモン焼きが食べたいな?」
なんて言われた、どうする?
Myグルメリストから最上級のお店にエスコートするのはもちろんだが
エスコートの仕方にもこだわることが大切だ。

いいかい、彼女たちは夢を見たがってる。
豚ナンコツを口元に運ぶときを想像し
その脂っぽい店にいかにエスコートしてくれるかに想いを馳せてるんだ。

そこで125ccスクーターが活躍する。

シート下から、こんな時のためにいつも用意している
タンデム用ヘルメットを取りだし
何も言わずにそれを被せ、優しくアゴ紐を締める。
そして夜桜のように美しく灯るネオンを流れ星に見立て、街を流すんだ。

イケてる125cc講座 step4のイメージ

そう、タンデムだよ。
125ccスクーターは、タンデムが得意なんだ。

着いた先が、たとえホルモン焼きチェーン店であっても、その味は、いままで感じたことがないモノになるはず。
そうすれば幸せになれるよ、僕が。

※普通二輪および125限定免許を取得して1年後から、2人乗りが可能になります。

Mr.Dandy

step 5 ダンディーな男とは こだわりのアイテムを持っているのだよ

オトコの持ち物は、常にレディの厳しい眼に晒されていることを
忘れてはいけない。
その点、125ccスクーターは レディの厳しいおメガネにも十分に耐えうる存在だ。

パワフルでクリーンな
フューエルインジェクションを装備する4ストロークエンジン
ガッチリマッチョな足まわりとブレーキ
余裕のシート下スペースと流れるように美しいボディ。
たとえ詳細は解らなくても

本物だけが持っている力強いオーラを彼女たちは見分ける眼を持っているからね。

だからといって、これ見よがしにアピールしたり
「コレぇ、何でスかぁ?」というレディの質問に
こだわりをまくし立てるのは野暮ってもんだ。
“よく解んないんだよねぇ”なんて、ユル過ぎるレスポンスもNG。

イケてる125cc講座 step5のイメージ

黙ってシート下から取りだしたヘルメットをレディに渡し
“試してみるかい?”

と言えるようになったら、ダンディーなオトコへの階段を1つ登ったことになるだろうね。

これでキミもダンディーの仲間入り…

Mr.Dandy

…と思ったら、他にも悩める子羊くんから相談がきた。
そう、こんな人にも125ccスクーターはばっちりオススメなんだ。

ミニバンを持っているけど、通勤用にバイクが欲しいんです

ははぁ、つまり奥サマに言い出しにくいわけだ。大丈夫。125ccスクーターで説得しなさい。

なぜなら125ccスクーターは「お得」だからだよ。

ダンディーポイント

  1. 1 車体価格が手ごろだ!
  2. 2 燃費が良い!
  3. 3 税金や保険料が安い!

R1でツーリングやサーキットを楽しむボク。
通勤や買い物までR1だと、R1っぽくないことさせてる気がして…

ライフスタイルは貫き通すもの。でも納得いかないことがあれば、そのままにしておかないことがダンディー道だ。

125ccスクーターをセカンドバイクに持てばいいさ!

ダンディーポイント

  1. 1 コンパクトでも快適な車体!
  2. 2 収納スペースなど充実の機能性!
  3. 3 自動車と同じで法定速度が60km/h!

50ccに乗ってます。今のままでも全然自分らしくてイイんですけど、なんかこう、えっと…

つまりガラッと何か変わりたいのではなくて、自分らしくステップアップしたいということなのかな?

だったら125ccスクーターはステップアップにぴったりさ!

ダンディーポイント

  1. 1 自賠責保険や自動車保険が50ccと同じ
  2. 2 二段階右折無し&法定速度が60km/h!
  3. 3 二人乗りができる!
Mr.Dandy

さぁ、125ccスクーターで
ダンディーで自分らしい
ライフスタイルを楽しもう!

 ページの先頭へ