本文へ進みます

産業用無人ヘリコプターが農業分野で実際に使用されている内容をご紹介します。

産業用無人ヘリコプターが農業分野で実際に使用されている内容をご紹介します。

麦:4~5月
麦:4~5月
水稲と同様に病害虫一斉防除が定着傾向
水稲:7~8月
水稲:7~8月
地域一斉での適期防除が効果的。水稲一貫体系への利用も拡大
大豆・小豆:8~9月
大豆・小豆:8~9月
高い防除効果により、防除面積拡大
松
松食い虫の防除への利用
果樹
果樹
傾斜地の多いかんきつ園地の省力化
野菜
野菜
たまねぎ、キャベツ等の野菜でも利用
肥料・除草剤
肥料・除草剤
殺虫・殺菌防除以外にも、肥料散布や除草剤散布にも利用を拡大

水稲一貫体系

無人ヘリで、鉄コーティング直播から、防除まで水稲一貫を推進いたします。

水稲一貫体系

水稲一貫体系のメリット

鉄コーティング

  • 鳥害の心配が少ない。
  • 農閑期にコーティング作業が可能。
  • 浮き苗等の軽減。
  • 環境に優しい

労働時間の短縮

  • 無人ヘリによる直播で播種時間が短縮。
    10〜15分/ha

    ※特に大区画圃場で能力発揮・大面積処理可能

  • 除草剤散布が直播直後に可能。

生産コスト低減

  • 育稲作業不要で種苗費や資材費、労働費などの削減。
    生産コスト低減

    ※地域によって生産コストは異なります

作期の分散・拡大

  • 長期化する田植え作業の労働ピークを分散し機械や施設の効率利用が可能。 作期の分散・拡大
ページ
先頭へ