本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

ヤマハ発動機株式会社

ここから本文です

青い除雪機4つのポイント

ヤマハ除雪機の主な特長をご紹介します。

パワフルでも静か、カンタンで安心。
「あなたにやさしい」が、ヤマハの基本です。

[静音] 朝の住宅地でも、静かで快適。

静音設計 ヤマハ独自※1
■搭載機種:YU-240、YS-860
YS-1070J、YS-1070T、
YS-1390A、YS-1390AR

ヤマハならではの設計技術で音量64.8dB(A)※2と、今までの約1/3※3の運転音を実現。また、吸気サイレンサー大型マフラーやエンジンの振動を抑えるなどの技術で、除雪作業時の運転音を低減しました。

※1 2015年4月現在。 
※2 YS-860の計測値。7m離れた地点で4方向より測定した平均値。(ヤマハ調べ)
※3 YS-860の計測値。同クラスの除雪機との比較。(ヤマハ調べ)
※4 YS-1070Tの計測値。7m離れた地点で4方向より測定した平均値。(ヤマハ調べ)

運転音約1/3※3/騒々しい街角70dB(A)・運転音(YS-1070T)66.8dB(A)※4・運転音(YS-860)64.8dB(A)※2・普通の会話60dB(A)/写真はYS-860です。

▲このページの先頭へ

[安心] “石噛み”から機械の心臓部を守る。

圧入式
シャーボルトガード ヤマハ独自
■搭載機種:YT-1070、YS-1070J、YS-1070T、
YT-1280ED、YT-1280EX、YT-1390EX、
YT-1390EXR、YS-1390A、YS-1390AR

石や木片などの異物の噛みこみの衝撃を逃がし、シャーボルトにかかる負担をおさえることで、動力伝達部分の損傷を防ぐヤマハならではの技術です。

ゴムダンパー式
シャーボルトガード ヤマハ独自
■搭載機種:YU-240、YT-660、YS-860

異物の噛みこみによる衝撃をゴムダンパーが吸収。動力伝達部分の損傷を防ぎます。

※1 2015年4月現在。

石などを噛みこむと“この部分”が動力伝達部分への衝撃を和らげ損傷を防ぎます。

▲このページの先頭へ

[楽々] 狭い場所でも、くるっと小回り。

イージーターン
■搭載機種:YS-1070T

手元のスイッチを操作すれば、曲がりたい方向にスムーズに小回りできる「電磁式クラッチ旋回機構」。狭い場所での除雪が、ラクに行えます。

写真はYS-1070Tです。/手元のスイッチ操作でスムーズな旋回が可能。

▲このページの先頭へ

[快適] 雪づまりを軽減。ベタ雪も力強く飛ばす。

ジェットシューター ヤマハ独自※1
■搭載機種:YU-240を除く全機種 ※2

シューター内部に、ヤマハだけの『超高分子量ポリエチレン成形板』を装着。シューター内部の雪づまりを軽減、あらゆる雪質でもパワフルに吹き飛ばします。

※1 2015年4月現在。
※2 YT-660、YS-860にはシューター部分のみ採用。

[超高分子量ポリエチレン成形版]インペラー部分/シューター部分※写真はYS-13090Aです。

▲このページの先頭へ

facebookで共有する ツイッターでつぶやく googleプラスで共有する mixiチェックで共有する