本文へ進みます

お手入れガイド・長期保管手順

発電機のお手入れと長期保管手順についてご説明します。

まずは製品に添付の取扱説明書をよくお読みください。

ここでは簡単なお手入れ項目と格納方法をご紹介しています。具体的なお手入れ・格納方法については、製品添付の取扱説明書を必ずお読みになり、商品の知識・安全の情報、そして注意事項のすべてに習熟してからご使用ください。万一取扱を誤ると重大な事故や故障の原因となります。

ヤマハ発電機各機種共通の基本的なお手入れ項目

スパークプラグの点検・清掃
フューエルストレーナの清掃
エンジンオイルの交換
燃料タンクフィルタの清掃
マフラワイヤネットの清掃
エアクリーナエレメントの点検・清掃

機種別の「お手入れガイド・長期保管手順」(PDF)ダウンロード

機種別「長期保管方法」(動画)

発電機格納の仕方

1.週1回以上発電機を使用する場合は、エンジンを停止し、燃料コックをOFF(閉)にしておきます。
次に使用する時は、燃料コックをON(開)にし 通常通りに使用してください。
2.防災用、非常電源用等 通常はほとんど発電機を使用しない場合。
最低1ヶ月に1回エンジンを始動し、発電状況を確認してください。
3.上記2.ができない場合(数ヶ月後に使用する、など)、以下の順に格納をしてください。
これを行わないと、次回エンジンの始動が困難になる恐れがあります。(特にキャブレター内のガソリンが変質してキャブレター内の小さな穴が詰まってしまう事があります)
※取扱説明書の「格納、保管」の項を参照してください。

通常の手順

1.
エンジンスイッチをOFFにします。
2.
燃料タンク内のガソリンを抜きます。ガソリン携行缶(鉄製の認可品)にこぼれないように入れます。(火気厳禁)
《要注意 鉄製ガソリンタンク内の錆び~オイルを万遍なく塗付》
3.
燃料コックをON(開)にしてエンジンを始動させます。数分後に「ガス欠状態」となりエンジンが停止します。
4.
キャブレターのドレンスクリューを弛め燃料を抜きます。燃料が抜けたらスクリューを締めます。
5.
エンジンスイッチをOFFにし、燃料コックをOFF(閉)にします。
6.
室内で湿気が少なく換気の良い場所に保管します。

簡単な手順

1.
燃料コックをOFF(閉)にして、エンジンを始動させます。数分後に「ガス欠状態」になり、エンジンが停止します。
(キャブレター内のガソリンがなくなります)
2.
エンジンスイッチをOFFします。
3.
室内で湿気が少なく換気の良い場所に保管します。
4.
燃料タンク内のガソリンは満タンにしておきます。(理由-燃料タンク内の結露/錆を防止するため)

※ガソリンは高い引火性と爆発力があります。
※換気の良い場所で、タバコなどの火種のない所で、ガソリンを取り扱ってください。
※ガソリンを長期に保管すると 変質してエンジンの始動が困難になる場合があります。

ページ
先頭へ