本文へ進みます

始動時トラブルシューティング

特にご購入直後によくあるトラブルとその対応方法についてご説明します。

かんたんな始動時のトラブルシューティング

ご購入直後のトラブルシューティングで代表的なものをご紹介します。 これ以外については「よくあるご質問」のページもご参照ください。

エンジンが始動しない!まずは下記のご確認を!!

確認1:エンジンスイッチがONになっていますか?

エンジンスイッチが「STOP」になっている場合は始動できません。

交流スイッチを装備している機種もありますが、エンジンの始動には関係ありません。

交流スイッチは単に発電機で発電した電気を、コンセントから使用する器具に流したり、止めたりするスイッチです。発電機を始動させるためのスイッチではありません。

確認2:エンジンオイルは規定量入っていますか?

ヤマハ4ストローク発電機には全機種エンジンをダメージから守るためオイル警告装置が装備されています。オイル警告装置は、エンジンオイル量が規定レベル以下に減少するとエンジンを自動的に停止させると共に、再始動をできなくします。エンジンオイルを規定油量まで補充すれば再始動できます。

さらに詳しくは、Q&A「修理・お手入れ、保管について」の項目4~6をご参照ください。

エンジンオイル量とオイル警告装置作動オイル量については機種により異なりますので、取扱説明書でご確認ください。

確認3:フューエルコックがON(開)になっていますか?

ガソリンが入っていることはもちろんですが、フュ―エルコックがOFF(閉) のままだとガソリンが流れません。

ページ
先頭へ