本文へ進みます

大阪府河内長野市

ヤマハグリーンスローモビリティ導入事例 大阪府河内長野市 をご紹介します。

お気に入りに追加

南花台モビリティ「クルクル」が始動

大阪府河内長野市

地域の取り組みである「咲っく南花台プロジェクト」と「グリーンスローモビリティ」の連携で、車に頼らなくとも生活できる環境を創出し、「地域の住民が元気に生きがいを持ち、安心して住み続けられるまちづくり」を目指しています。

脱炭素化の住民意識を高めつつ、高齢化が進む、全国のオールドタウンに共通する地域課題の解決に向けて、グリーンスローモビリティとまちづくりを一体的に推進。オールドニュータウン活性化への全国モデル構築に大きな期待がかかります。

高齢者への外出支援を目的に、団地内に自動運転車両を導入。電動の7人乗りゴルフカートが、路面に敷かれた電磁誘導線に沿って自動走行します。ルート上に設置されたRFIDタグを通過するたびに車両がコース情報を受信して、加減速や自動停止を実施。車両に搭載したカメラとセンサーが、人や障害物を感知しても自動停止します。緊急時や電磁誘導線のないコースを走行する際は、運転手は住民が務め、手動運転で対応します。

オススメのグリーンスローモビリティ

関連する事例

ページ
先頭へ