ヤマハ発動機株式会社

目指せ!ココロもカラダも美しいゴルファー GOLF×YOGA

目指せ!ココロもカラダも美しいゴルファー

世界的トップゴルファーがコンディション作りのトレーニングとして取り入れていることから、
ゴルファーの間でも注目度が高まりつつあるヨガ。
体幹とメンタルを鍛えてゴルフ上達のためのヨガのレッスンを行っているインストラクター佐々木美香さんにお話を聞きました。

ヨガはゴルフにどんな効果があるの?

ヨガはゴルフに必要なココロとカラダの両方に効果的

ヨガは、ゴルフに必要なココロとカラダの両方にとてもいい効果があるんですよ。メンタルのスポーツと言われているゴルフは、一打にどれ位集中することができるかどうかが結果に影響します。ヨガは瞑想効果があることから集中力アップが期待できます。
またヨガがもたらすカラダにとっていい効果は、ゴルフの技術を身につける前にヨガで身体を「ゆるめる」こと。これにより、腰や股関節、肩甲骨周りの筋肉がほぐれて、稼働域が広がり、ゴルフのパフォーマンスがぐんと上がるのです。

どうやって取り入れるのがいいの?

ポイント1:息を吸うときも吐くときも鼻で行う「鼻呼吸」が基本

ヨガはラウンド前にやれば絶好のウォームアップになりますし、また日常的に15分やるだけで、体幹の強化やバランス感覚が向上します。ヨガを行うときのポイントは大きく2つ。1つ目は、息を吸うときも吐くときも鼻で行う「鼻呼吸」が基本です。この呼吸法により自律神経を整える効果があるのです。

ポイント2:プロセスを大切にすること

2つ目は、プロセスを大切にすること。決まったポーズをそのまま真似するのではなく身体を「伸ばす」という感覚を感じつつ、一つひとつのポーズを身体と会話しながらゆっくり行うことがポイントです。今回は初心者でも比較的分かりやすく、ケガのリスクの少ないポーズをご紹介します。ぜひ、あなたのゴルフトレーニングに取り入れてみてくださいね。

「プロセス」を意識して、ヨガでゴルフ上達&キレイをゲット!

初心者でも簡単!ゴルフに効果的なおススメポーズ

安楽座あぐら

股関節を開き、背骨・骨盤・内臓のバランスを整え、心を落ち着けます。
ラウンドや練習に行く前に行うことで、心と体の状態を感じ取る力を強化します。

安楽座
  • かかとが体の中心になるように足を曲げる
  • 左右のお尻に均等に体重をかける
  • 背中を上にすっと引き上げ、手をひざの上に乗せる
  • 顔は正面、目はまっすぐ前を見た状態で軽く目を閉じる

タダーサナ

背骨全体を伸ばしたり緩めたりすることで、脊髄神経、腹筋、内臓を伸ばし、
体幹の筋肉の動きを良くし、ウエスト周りをすっきりさせます。
また、肩甲骨、肩周りの筋肉をゆるめます。ラウンド前に特におススメのポーズです。
ティオフ前にストレッチする時間がない時はこのポーズさえやっておけば足腰・体幹・腕もほぐれます。

タダーサナ
  • 足を閉じて左右の足にバランスよく体重をかけて立つ
  • 骨盤がそり腰にならないように、逆に丸くならないように、背筋を上に引き上げる
  • 息を吸いながら、両手を横に上げる
  • 息をはきながら両手を真上に持っていく
    両手で背骨全体を上に引き上げるイメージ
  • 4の状態で5回呼吸する
  • 息を吸ってはきながら手を水平に広げる
  • 息を吸ってはきながら手の重みだけで体側に下ろす
  • 軽く目を閉じて2-3回呼吸し、その感覚を味わう
  • 2-3セット繰り返す

真珠貝のポーズ

股関節・腰周りの筋肉を緩めて腰痛を予防し、上半身の緊張をとって動きをよくします。
特にラウンドや練習の後に筋肉を緩める効果があります。

真珠貝のポーズ
  • 足の裏を合わせてひし形を作った形で座る
  • ふくらはぎから腕を通し、両手で足を包む
  • 息をはきながら頭を下げ、5回呼吸をする
  • ゆっくり上体を真っ直ぐに戻す

ねじりのポーズ

腰周り、肩周りをゆるめ、血流をよくすることで疲労回復、肩こり、腰痛に効果があります。
プレーの前やラウンド中におススメです。

ねじりのポーズ
  • 足を投げ出して座り、左足を立てて右足の外側に置く
  • 左を向いて右手で左ひざを抱える
  • 左手を後ろからおへそに向かって伸ばす
  • 息を吸って背骨を真上に伸ばし、はきながらねじる
  • 5回呼吸してそのままキープし、正面へ戻る
  • 2セット目は、ねじりを深めることよりも、ねじれている感覚に注意を払う
    ゴルフスイング時にその感覚を思い出せるようにする

 座ってねじることが難しい場合は、カートに座った状態で
2番からねじっても良い

三角のポーズ

柔軟性の向上、胴体・腰・脚の裏の筋肉を刺激し、緊張をゆるめます。
プレー前のストレッチに効果的です。

三角のポーズ
  • 肩幅の2倍くらいに足を開いて立ち、右足を右に向ける
  • 息を吸いながら両腕を肩の高さまで持ち上げる
  • 右側に体を倒す(体が前方に曲がらないように注意)
  • 右ひざを少し曲げてゆるめる
  • 両腕を一直線に保ったまま右手を右足の甲に置き、5回呼吸し、そのままキープする
  • 手を広げたまま真っ直ぐに戻り、手を下す
  • 左も同じように行う
佐々木美香

佐々木美香

シバナンダヨガ※のインストラクター。通常のヨガレッスンに加え、「女性たちにゴルフの楽しさを知ってもらうこと、また上達するためにヨガが活用できることを多くの方に知ってもらうこと」をテーマに、都内でヨガ×ゴルフのイベントを開催している。ミカプロジェクツ代表。
プロフィール詳細はこちら

 シバナンダヨガとは、伝統的な古代ヨガに基づき解釈し直され、世界的に定着しているヨガの流派。体を動かす事を重視したヨガに対し、歴史や哲学などの精神性も意識した「癒しのヨガ」で、日常生活に取り入れやすく、身体や精神的な悩みなどストレスを抱えやすい現代人に適したヨガと言われている。