本文へ進みます

導入までの流れ

グリーンスローモビリティ(GSM)導入までの流れの一例をご紹介します。

お気に入りに追加

MENU

導入までの流れ 一例

STEP1

導入検討

  • 地域課題・交通課題
  • 最適手段・解決案の検討

STEP2

情報収集・お問い合わせ

  • ヤマハへの問合せ実施
  • グリーンスローモビリティ特性の理解

STEP3

サービス内容想定

  • サービス内容(運行ルート/時間/走行手法/便数など)想定

STEP4

運行体制構築

  • 運行主体者、運行管理者、実際の運行者などの明確化

STEP5

運行環境確認

  • 現地視察での運行ルートの安全性及び走路などの確認

STEP6

実証実験走行

  • 地域での受容性検証・導入課題の明確化

STEP7

導入判断・車両発注

  • 納期確認・車両メンテナンス工場設定

STEP8

納車・本格運行開始

  • ※正式発注⇒納車まで約4~6ヵ月程度掛かります
YAMAHA LAND CAR

公道走行が不要な場合はこちらから私有地向けの車両をご検討くださいnew window

ページ
先頭へ