本文へ進みます

ランドカーの選び方

駆動方式、走行方式。ランドカーの選び方をご紹介します。

お気に入りに追加

MENU

ランドカーを選ぶ際には3つのポイントで検討!

1人の移動や送迎、物の運搬、自在に走る、自動で走るなど。それぞれのランドカーは用途・目的に合わせて作られています。だから、車種やオプション品選びは、ホテル、公園、工場、農園など、運用する施設のタイプや業種に大きく影響されます。

カートの走行に適している環境かどうかも大切。路面の形状は?勾配や段差は?例えば自動運転化をお考えの場合、電磁誘導線の埋設工事ができるかどうかも大きなポイント。また、道幅の広さ、歩車分離の可否、自動車進入の有無など、さまざまな条件が運用における安全対策や走行ルートの設定にも影響することも。

でも、大丈夫。ランドカーを選ぶ際にちょっとしたポイントさえ押さえれば、誰でも簡単にあなたのビジネスにぴったりな一台を見つけることができます。ヤマハランドカーがおすすめする車種の選び方についてご紹介します。

Point 1
「空間」と「荷室」|稼働場所や用途をチェック

走らせる走路環境、運搬物、乗車人数…様々な条件でカートの選択が変わってきます。まずは稼働場所と用途をチェック!

※公道走行をご検討の方は専用車両がございます。詳しくはこちらnew window よりご検討ください。

人を運ぶ

業務で走る。お客様を運ぶ。お客様を案内する。けが人を搬送する。2人乗りから7人乗りまで、目的や環境に応じて選べるさまざまなモデルがあります。

敷地内の巡回には2人乗りモデルを。大切なゲストの送迎には、7人乗りや背面シート仕様車をご用意。さまざまなシーンでご利用いただけます。

オススメのランドカーnew window

物を運ぶ

道具や備品を運ぶ。器材や資材を運ぶ。回収物を、収穫物を運ぶ。ランドカーはさまざまな用途に対応し、まざまな物を運ぶことにランドカーは活躍します。

荷物の積み降ろしに配慮したダンプベッドを搭載したモデルから、電磁誘導式自動運転によりランドカーをAGV化することができるモデルまで。これまでランドカーの利用は想定外だった業種や分野でも、ランドカーはその活躍の場を広げています。

オススメのランドカーnew window

Point 2
「手動運転」と「自動運転」| ドライバーが誰かをチェック

想定されるドライバーに合わせてカートの走行方式を選びます。ヤマハランドカーには、手動運転と電磁誘導式による自動運転の2つがあります。

手動式

  • 自由なルートで走行でき、施設内の巡回や荷物の運搬、職員の移動に最適です。
  • 誘導線工事などの費用も不要なので、導入コストを抑えることが出来ます。

電磁誘導式

  • 決められたルート上を自動で走行し、速度や停止場所の制御により安全をサポートします。
  • 工場でのAGV(無人搬送車)として。観光地などでのアトラクションとして。様々な用途で活躍しています。
  • 手動走行・電磁誘導走行切替により、状況に合わせた操作が可能です。
  • ルート設定においては安全のための道幅確保や歩車分離の検討が必要です。
  • 路面への事前の誘導線埋没工事や制御盤の設置が別途必要です。
ELECTROMAGNETIC GUIDANCE
Point 3
「ガソリン車」と「バッテリー車」|駆動タイプ別にチェック

ヤマハランドカーには、ガソリンモデルとバッテリーモデルがあります。バッテリーモデルには、鉛タイプとリチウムタイプがあります。使用環境に合わせて、最適なモデルをご検討いただけます。

ガソリンモデル

  • 起伏があるコースでもキビキビ走る大きなパワー。
  • 低燃費を実現したエンジンが、ランニングコストを抑えます。
  • 車重が軽いので、芝生や地面へのダメージが少ないというメリットもあります。

バッテリーモデル

  • バッテリーモデルは、クリーンな動力で静かに走ることが魅力。自然の音や乗車中の会話も快適に楽しめます。
  • メンテナンスフリーの〈鉛シールド〉、耐久性をさらに増した〈リチウムイオン〉の2種類から選べます。

駆動方式別のメリット・デメリット

メリット デメリット
ガソリン式
  • 給油すればすぐ走れる
  • ランニングコストを抑えられる
  • 充電設備不要
  • 給油環境が必要(給油スポット)
  • 排気ガスの臭いあり
バッテリー式
  • 排気ガスの臭い無し
  • 走行音が静か
  • クリーンで環境にやさしい
  • 毎日の充電が必要(最大8h程度)
  • 充電設備が必要(200Vコンセント)
  • 定期的なバッテリー交換が必要
  • 屋内保管推(車庫等の確保)

バッテリータイプ別のメリット・デメリット

メリット デメリット
鉛タイプ
  • リチウムタイプに比べ、イニシャルコストを抑えることが出来ます。
  • 約3年毎を目安に、バッテリー交換が必要となります。
リチウムタイプ
  • 鉛タイプに比べ、走行可能距離が長くなります。 (約1.5倍程度)
  • バッテリー寿命が約8年※と交換の頻度を抑えることが出来ます。
  • 鉛タイプに比べ軽量なので、芝生などへのダメージを抑えられます。
※走路や稼働距離、頻度によって異なります
  • イニシャルコストが高い
ページ
先頭へ