本文へ進みます

ヤマハゴルフカーヒストリー

40年を超える、ヤマハゴルフカーの歴史。これまでの主要販売モデルをご紹介します。

お気に入りに追加

ヤマハゴルフカーはおかげさまで製造開始より約40周年。これまでの主要販売モデルをご紹介いたします。

1975

YG-292

ヤマハとして初めてのゴルフカー YG-292を発売。

1978

G1-A/E

ヤマハ最初の量産ゴルフカーG1-Aを発売。 その信頼性で「エンジン車はヤマハ」の名を確立した。現在もアメリカでは現役で活躍している名車である。

1984

G2-A/E

ゴルフカーとして世界初の4サイクルOHVエンジンを搭載したG2-Aを発売。エレキに迫る静かさを売りにヒットとなる。

1985

G6-A

キャディ用1人乗りカート G6-Aを発売。カートの後ろに立って乗るコンセプトで大ヒットに。キャディーさんの労力を大幅に軽減させた。

1989

G2-A4

G2-Aをベースにヤマハ初の4人乗りモデルとしたG2-A4を発売。 「セルフは4人乗車でゴルフをする」 というプレースタイルのさきがけとなる。

G10-A

G10-A 「Turf-Lady」を発売。 キャディゴルフを主眼としたコンセプトでヒット商品となった。

1991

G10-A4

ヤマハ初の量産4人乗りゴルフカーG10-A4を発売。
「カートに乗ってプレーする」 というプレースタイルが定着しはじめる。

1994

G15-A

世界初の5人乗りゴルフカー G15-A「Turf-Joy」を発売。ボディーサイズ拡大・新エンジンにより居住性・操作性を大きく向上。大ヒットモデルとなる。オートパーキングモデル、バッテリーモデルも設定。

1996

G16-A/E

2人乗りモデルとしてスタイルを一新したG16-A/Eを発売。TPOインジェクションボディ、300cc新エンジンを搭載。

G17-A

ヤマハ初の乗用電磁誘導式ゴルフカー G17-Aを発売。
「Turf-Liner」の愛称でリモコンでのプレースタイルを広める。

1997

G19-E

G16をベースに、バッテリーを48V高出力へ変更したG19-Eを発売。
パワーと静粛性を兼ね備えた人気モデルとなる。

2002

G22-A/E

360cc新エンジンを搭載し、パワーアップしたG22を発売。

2005

G30/G31

スタイルを一新したG30/G31シリーズを発売。 油圧4輪ディスクブレーキ、Wウイッシュボーンサスを装備し 操作性、 乗り心地を大幅向上。「ゴルフカートはヤマハ」の名を不動のものとした。

2006

YDRA/YDRE

新型2人乗りゴルフカー YDR-A/Eを発売。 軽量で小回りのきくボディタイプにより、フェアウェイ乗り入れやツーサム など多様化するプレースタイルに対応する。

2014

G30s/G31s

ゴルフスタイル変化への対応はもちろん多くのお客様のニーズを折込みあらゆる側面から磨きをかけたG30s/G31s シリーズ発売。

2016

G30Es-Li/
G31EPs-Li

比類なきパフォーマンスと信頼性能を兼ね備えたG30s/G31sシリーズにリチウムイオンバッテリーモデルを発売。長くなった航続性能とバッテリー耐久性能を実現。

G30As/G31APs

5人乗りモデルでは業界初となるEFI(フューエルインジェクション)搭載エンジンのゴルフカーを発売。燃費性能・環境性能がさらに向上。

2017

DRIVE2 EFI/DRIVE2

スポーティな2人乗りガソリンモデルに後部3分割カウルを採用。メンテナンス性を大きく向上させました。優れた環境性能を実現する、EFI(フューエルインジェクション)搭載モデルも同時発表。

YDR Cruise

静粛性とコンパクトさに定評のある、スタイリッシュな2人乗りバッテリーモデルに、メンテナンス性を大きく向上させる後部3分割カウルを採用。

2018

G30s/G31s V

次世代の安全性能・快適性能を実現する、業界初の双眼カメラとRFIDシステムを採用した自動運転サポートシステム「effi-vision(エフィビジョン)」搭載モデルを発表。

YG-M

さまざまな利用シーンに応える、スタイリッシュなスタイリング。ゴルフカーとクルマのいいとこ取りから生まれた新しいモビリティ、4人乗りランドカー YG-M シリーズ発表。

ページ
先頭へ