本文へ進みます

海上保安大学校様 潜水訓練用プール納入レポート

お客様への納入レポートを紹介します。

基本情報

写真 潜水訓練用FRPプール
潜水訓練用FRPプール

広島県呉市の海上保安大学校様へ潜水訓練用のFRPプールを納入しました。
潜水訓練用プールは、学生が水泳など授業で使用するほか、潜水士を目指す研修生が訓練を行うため使用するためのプールです。
旧プールは海上保安庁の活躍を描いた映画「海猿」にも登場しましたが、老朽化のためこのFRPプールにリニューアル。平成22年6月に完成しました。

お客様海上保安大学校様
商品名潜水訓練用プール
納入年月日2010年6月

海上保安大学校のご紹介

写真 海上保安大学校
海上保安大学校

広島県呉市にある海上保安大学校は、将来の海上保安庁の幹部候補となる職員として採用された学生に対し、海上保安業務に必要な高度な学術や技能を教授し、併せて心身の練成を図ることを目的として設置された海上保安庁の教育機関です。

使用目的・商品の特徴

潜水訓練用FRPプール

写真 プール施設全景
プール施設全景
写真 プール
プール
写真 プール横水中窓
プール横水中窓
写真 水質維持のための循環システム
水質維持のための循環システム

お客様インタビュー

「人命救助の技術を訓練」
海上保安大学校 ご担当者様より

当校のプールでは、学生約180名の水泳訓練に加えて潜水士を育成するための研修が行われます。
当校の研修は14人で行われ、年2回、計28名を2名の教官が中心となって担当します。プールでの訓練は、底にステンレスのカゴを転覆船のモジュールとして沈め、それを使っての救助訓練などを行います。

それらの訓練は空気ボンベを使用し、前半をプールで、後半を海で行います。プールではスキンダイビングとスクーバダイビングの練習、そして海を想定したメニューの研修を5月から6月と、9月から10月に2回行われます。 新しいプールは、以前のものと大きさや水深は同じですが、大きな違いは、材質がFRPであることと、水中窓が設置されたことです。
そのおかげで、水中での訓練や、水泳の授業でも状況が把握でき、泳力や技術の向上や、生徒個人のレベルや改善点の確認がわかりやすくなりました。また安全面でもとても有効に機能しています。

これまでのプールは数年に1回塗装していたのですが、今回のFRPプールの改修により、塗装のはがれが無くなり、さらに水の入れ替えやろ過の負担など、メンテナンスの面でもよい効果が現れてくると期待しています。

プール断面図
■サイズ:25m × 14m ■水深:5.0m - 3.0m - 2.0m - 1.3m

お客様の使用状況に応じたソリューションプランを提案します。お気軽にご相談・お問合せください。

ページ
先頭へ