本文へ進みます

横浜ベイサイドマリーナ給油桟橋

稼働中のマリーナで、天然木材デッキを採用したリニューアル

稼働中のマリーナで、天然木材デッキを採用したリニューアル

開業以来17年が経過し、浮桟橋の老朽化による腐食と乾舷低下が目立つようになり、また大型化するボートへの対応のために給油設備と共にリニューアルされました。桟橋計画は既設杭を活用したものですが、バースの拡幅による変則的な杭配置にも桟橋の性能・機能を損ねることなく効率的に設置されています。

所在地  神奈川県横浜市金沢区(Google mapnew window 用途 プレジャーボート用海上係留施設
係留隻数 小型艇8隻、大型艇2隻 浮桟橋係留  鋼管杭による係留(既存杭を使用)
係船方法 補助桟橋(ダブルバース) 附帯設備  給油設備、水道設備、可変式階段、ポンプアヘッド、救命ラダー
供用開始 平成25年5月 事業者 横浜ベイサイドマリーナ株式会社
浮桟橋(ピアステージⅡ)、天然木材(ハードウッド)デッキ仕様

浮桟橋(ピアステージⅡ)、天然木材(ハードウッド)デッキ仕様

浮桟橋は用途に合わせてデッキ材、フロートタイプ等を選択可能なピアステージⅡが採用されました。主桟橋は幅3.0m、補助桟橋は2.0mと2.5mの桟橋ユニットです。桟橋デッキ(床板)は、安全性の観点から人工木材に比べ静電気を発生しにくい天然木材(ハードウッド)を採用しています。さらに静電気・作業性に配慮し、デッキはパレット型にして表面の固定金属リベットを極力少なくし、安全性の向上を図っています。

内杭式パイルガイド

内杭式パイルガイド

パイルガイドは既存の杭を使用し内杭式を採用。ローラーは桟橋内部に収納し作業の安全性と効率の向上を図っています。桟橋の内側に杭を配置することにより、桟橋の側面を最大限活用できます。

三角コーナー一体型補助桟橋(フィンガー)

三角コーナー一体型補助桟橋(フィンガー)

デッキ面の凹凸を排除した三角コーナー一体型の補助桟橋です。軽量で耐候性に優れ、また充分な強度による安心感と、船への乗降に十分なスペースを確保しています。

可変式階段

可変式階段

干満差にスムーズに追随します。既存の可変式階段を利用しています。

ポンプアヘッド(汚水処理ポンプ)

ポンプアヘッド(汚水処理ポンプ)

船のフォールディングタンク内の汚水を給油感覚で処理できる衛生的なマリーナ機器です。環境を重視するマリーナには不可欠な設備です。(PSE適合商品)

救命ラダー

救命ラダー

作業者の安全確保のために給油桟橋にも設置されています。収納式で貝類の付着もなく、船舶の係留にも邪魔になりません。

ヤマハ発動機株式会社
プール事業推進部 ポンツーン営業グループ

053-594-6512

受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00
(祝日、弊社所定の休日等を除く)
桟橋・ポンツーン等、マリーナ機材、建築、工事等なんでもお気軽にお問合わせください

お問合せnew window
ページ
先頭へ