本文へ進みます

互洋大船渡マリーナ(漁船係留用桟橋)

震災復興に向けて船の艤装・修理により多く対応するために整備された浮桟橋

震災復興に向けて船の艤装・修理により多く対応するために整備された浮桟橋

本施設は、震災復興の漁船や和船の新規艤装および修理を、より多く円滑に行うために整備されました。また、近い将来、プレジャーボートの一時係留保管や修理依頼を見掘えた施設です。

所在地  岩手県大船渡市赤崎町(Google mapnew window 用途  漁船、和船、プレジャーボート用係留施設
保管隻数  30フィートクラス10隻、50フィート漁船1隻 浮桟橋係留 鋼管杭ガイド装置による係留
係船方法  浮桟橋係船、係船ビーム(Yブーム)9m 附帯設備   2.5m幅浮桟橋、連絡橋、連絡橋護岸スロープ、Yブーム9m-5基、(給電給水設備)
供用開始 平成25年12月 事業者 株式会社互洋大船渡マリーナ
浮桟橋2.5m幅(ピアステージⅡ)人工木材デッキ仕様

浮桟橋2.5m幅(ピアステージⅡ)人工木材デッキ仕様

作業性と安定性を考慮し、2.5m幅の桟橋を採用しました。人工木材デッキ仕様の強化型アルミフレームの浮桟橋です。腐食や経年劣化が少く、メンテナンス費の軽減を図っています。人工木材は天然木材(ハードウッド)に比べ、濡れた時の摩擦係数が大きく、すべりにくい素 材です。なお、樹脂を含む人工木材で発生しやすい静電気を除去するライナーを設けています。

パイルガイド

パイルガイド

鋼管杭に桟橋を係留する3点支持のパイルガイドは、ゴム製の3個のローラーがスムーズに潮位の変化に追随し、しっかりと桟橋を保持しています。

連絡橋1.5m幅

連絡橋1.5m幅

4つの連絡橋はすべて、腐食に強いアルミ製です。桟橋での修理や艤装が多いため、作業性の良い1.5m幅のスロープ式が採用されました。

係船ビーム(Yブーム)

係船ビーム(Yブーム)

船舶のサイズ変化に容易に対応できる、利便性の高い簡易係留装置です。耐候性に優れ軽量なYブームは、建設コストの低減と小スペースでのより多くの保管隻数を確保できます。

連絡橋スカート2段階折

連絡橋スカート2段階折

幅広の連絡橋の連結スカートは、大重量にも対応する2段階折れタイプが採用されました。2箇所のローラーにより干満差にスムーズに対応します。

D型防舷材

D型防舷材

50フィートを超える大型漁船の係留を考慮し、緩衝幅の広いD型防舷材を一部に採用しています。

連絡橋コンクリート斜路

連絡橋コンクリート斜路

護岸から連絡橋をつなぐためのコンクリート斜路を4箇所新設し、重量物の運搬に台車もスムーズに通行ができるようにしました。

三角コーナー補助桟橋

三角コーナー補助桟橋

桟橋の補強と、人の導線をスムーズにするために、三角コーナーを採用しました。

作業用浮桟橋

作業用浮桟橋

大型漁船等の修理業務需要を考慮し、主桟橋を繋ぐ横の浮桟橋を採用し、作業効率の向上を図りました。

ヤマハ発動機株式会社
プール事業推進部 ポンツーン営業グループ

053-594-6512

受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00
(祝日、弊社所定の休日等を除く)
桟橋・ポンツーン等、マリーナ機材、建築、工事等なんでもお気軽にお問合わせください

お問合せnew window
ページ
先頭へ