本文へ進みます

横浜ベイサイドマリーナ スーパーヨットバース

将来の大型化を見据えた日本初の150フィート艇用浮桟橋バースを新設

将来の大型化を見据えた日本初の150フィート艇用浮桟橋バースを新設

近年保管係留艇の大型化が顕著になり、横浜ベイサイドマリーナでは利用者の要望に応えるために、2005年と2007年にマキシクルーザー桟橋(80ft~100ft艇用)14隻、2012年にメガ桟橋(100ft艇用)2隻と整備してきましたが、将来の更なる大型化を見据え、浮桟橋保管バースとしては世界でも類を見ない150ft艇6隻の係留保管桟橋を計画し、このたび第1期整備として2隻分の桟橋を完成させました。

所在地  神奈川県横浜市金沢区(Google mapnew window 用途 大型艇用海上係留施設
係留隻数 150フィートクラス大型艇2隻 浮桟橋係留 鋼管杭による係留
係船方法 補助桟橋(1シップ1バース) 附帯設備   連絡橋、セキュリティゲート、ピアライト、給電給水設備(100A/200V)、救命ラダー
供用開始 平成26年4月 事業者 横浜ベイサイドマリーナ株式会社
主桟橋

主桟橋

アルミ強化フレームによる幅4mの主桟橋は、ダブルローラー構造の内杭ガイドで固定しており、また主桟橋の有効幅員の最大化と景観への配慮から、杭は桟橋の外側一列に配置しています。スーパーヨット専用のセキュリティゲートを設けています。

補助桟橋

補助桟橋

スーパーヨットバースの補助桟橋(全長46m)は内杭式の杭6本で支えるレイアウトです。大きなD型防舷材と大型のクロスビットを備え、150フィート艇の1シップ1バースの需要に応えます。

連絡橋
連絡橋

連絡橋

護岸と主桟橋を結ぶ約14mの専用連絡橋は、既存護岸に張り出しデッキを造り、主桟橋と繋げています。

パワーポスト(100A/200V)

パワーポスト(100A/200V)

スーパーヨットクラスのボートでは、100A/200Vのアウトレット(コンセント)のパワーポストが設置されています。1隻に対して最大4個のアウトレットが設置できる設計になっています。

救命ラダー

救命ラダー

利用者の安全確保のために収納式救命ラダーを装備。貝類の付着もなく、船舶の係留にも邪魔になりません。

ピアライト

ピアライト

桟橋の先端に大型ピアライトを設置し、夜間航行の安全性を高めます。

大型クロスビット

大型クロスビット

スーパーヨットの確保に特大のステンレスクロスビットを1隻あたり14個配置しています。

既設桟橋との渡橋

既設桟橋との渡橋

既設のビジター桟橋と繋ぐ連絡橋と水道連結装置を設置しました。

ヤマハ発動機株式会社
プール事業推進部 ポンツーン営業グループ

053-594-6512

受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00
(祝日、弊社所定の休日等を除く)
桟橋・ポンツーン等、マリーナ機材、建築、工事等なんでもお気軽にお問合わせください

お問合せnew window
ページ
先頭へ