本文へ進みます

バミューダ島 STJ桟橋

アメリカズカップに挑戦中のソフトバンク・チーム・ジャパンに「STJ桟橋」を提供

ヤマハ発動機株式会社は、アメリカズカップに挑戦中の
ソフトバンク・チーム・ジャパンに「STJ桟橋」を提供しています。

「STJ桟橋」は弾性係留索を採用した移設可能な浮桟橋です。

弾性係留索

弾性係留索

弾性係留索は、特殊ゴムの張力により、潮位が変化しても浮桟橋を一定位置に保ち、波、風、船舶の接岸等の外力による揺れ、ズレを最小限に抑える機能を備えています。水位変化に関わらず常時、桟橋の水平移動を最小限におさえ、連絡橋と浮桟橋を安定して繋ぐことを可能としています。

浮桟橋(ピアステージⅡ)、人工木材デッキ

浮桟橋(ピアステージⅡ)、人工木材デッキ

浮桟橋はアルミフレームとポリエチレン製フロートによるセパレート構造の桟橋です。桟橋デッキは、腐食と経年劣化が少ないリサイクル可能な人工木材を採用し、メンテナンス費の軽減を図っています。人工木材は天然木材(ハードウッド)に比べ、濡れた時の摩擦係数が大きくすべりにくい素材です。なお、樹脂素材により発生しやすい静電気の除去ライナーを設けています。

ヤマハ発動機株式会社
プール事業推進部 ポンツーン営業グループ

053-594-6512

受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00
(祝日、弊社所定の休日等を除く)
桟橋・ポンツーン等、マリーナ機材、建築、工事等なんでもお気軽にお問合わせください

お問合せnew window
ページ
先頭へ