本文へ進みます

FRPポンツーン

桟橋、ポンツーン、等のマリーナ機材から、FRPポンツーンの特長をご紹介します。

MENU
FRP PONTOON

FRPポンツーンの特長

FRPポンツーンの優れた特長を活かし、漁業への貢献をはじめとした多様な用途に対応可能です

軽量・高耐久性などFRPならではの優れた特長をもち、目的に対応した最適な桟橋を実現します。

FRPポンツーン

FRPポンツーンの主な特長

  • FRP素材は金属や木材の様に腐食の心配がないため、大規模な補修費などは必要としません。
  • FRP素材は成形性がよく自由に製作できるため、護岸との隙間を狭くするなど、安全性や景観性に優れます。
  • 甲板とフロートが一体構造となっているため浮力が大きく、乾舷を50~120cmの間で自由設計することができます。
  • バラストの調整により、喫水30cmを確保しています。そのため水深が浅くても設置可能です。
  • 水密区画を設けた不沈構造により、極めて高い水密性を保っています。
  • 独自の設計により揺れに対する復元力も高く、安定性能が高い構造です。
  • 一般的な大型ポンツーンと比べ軽量なため、トレーラーによる運搬が可能であり、現地据付工事も容易に行えます。
  • FRP素材はほぼ100%リサイクルが可能です。

FRPポンツーンの構造

半固定式連結機構とローラーガイドの組合わせにより、優れた利便性をもたらします。

FRPポンツーンの構造
FRPポンツーンの構造

FRPポンツーンの効果

  • 干満差により発生する重労働が軽減され、高齢者・女性漁業者に対するバリアフリー対策となります。
  • 作業などがどの潮位でも楽に行うことができ、操業効率の良い環境がつくれます。
  • 多数の漁船が同時に離岸・接岸できるため、滞船時間が軽減されます。
  • 就労環境を近代化できるので、漁業内外からの担い手育成を促進することができます。
FRPポンツーンの構造

船舶の乾舷高と浮桟橋の乾舷高さが同じになるように設計を行い、手に荷物を持ったままでも乗り降りが容易になりました。

FRPポンツーンの構造

耐久性に優れたFRP階段を採用することにより、干潮時もスムーズに乗船が可能です。

FRPポンツーンの構造

桟橋の幅が2.5m以上と幅広なので、網の手入れや操業の準備が潮位に関係なく船舶と連携して行うことができます。

FRPポンツーン

ヤマハ発動機株式会社 マリーナ機材営業所

045-775-1372

受付時間 9:00~12:00 / 13:00~17:00 月]~金曜日
(祝日、弊社所定の休日等を除く)
桟橋・ポンツーン等、マリーナ機材、建築、工事等なんでもお気軽にお問合わせください

お問合せnew window
ページ
先頭へ