32歳で大手不動産デベロッパーから独立。
仲間との親密な時間を創り出す空間を手に入れるためEXULT45を選択。

平成28年、会社創業20周年記念行事の一環として「ALDILA3号」の新艇を購入し、カジキ釣り・バーベキュー・花火大会などで活用。

2016年1月にEXULT45(船名:ALDILA)3代目をご購入された堀切健司さん。
20年前に創業した不動産開発・投資事業を軌道に乗せ、仲間との親密な時間を共有するため、ご本人が一目惚れしたEXULT45での至福の時間を楽しんでいる。

船名の「ALDILA」は“全てを超えて”という意味のイタリア語なのですが、私にとってこのボートは人と人との輪を創り出す場であり、私自身の「活力を生み出す源」を与えられるステージとなっています。
もちろん、ボートとして「クルージング」や「ビルフィッシュ」などにも活用していますが、なによりもこのボートを核とした「アルディラ・ビジネスクラブ」のメインコンテンツとしての存在という意味合いが大きいと感じています。
仕事仲間・プライベートの気の置けない仲間と海の持つ雄大さ・魅力を全身に感じながら目一杯笑い・語らい・楽しむ事で新たなビジネスモデルも生まれ、最高に充実しています。

クラブメンバーとの海上バーベキューパーティー
愛艇の上だけでなくポンツーンもレンタルし大人数でも楽しめる

EXULTとの出会い

海と魚釣りが大好きな親父の影響を受け、幼少の頃から海は大好きでした。
大手デベロッパーから独立して間もない頃、ボート免許を取得し、取引先の社長様達と共同で25フィートのボートを所有し、仕事の話をしながら釣りなどを楽しんでいました。
取引先から、リゾート開発・プライベートマリーナの開発案件の相談を受けることもあり、視察・調査を兼ねて様々なマリーナに出かけ、色々なボートも見てきました。
そんな中、ヤマハさんからDMをいただき、横浜ベイサイドマリーナで行われていた試乗会に参加させていただきました。
2007年秋にヤマハ32コンバーチブル(初代ALDILA)を契約させていただきました。
それから3カ月程しか経たない時に「新作を大々的に発表する準備が整い、来週横浜ベイサイドマリーナに来るので一度見に来てほしい」と連絡を受けて家内と2人で冷やかし半分で見に行ったのがEXULT45との出会いでした。
全国の各地で色々なボートを見てきた私ですが、EXULT45を見た瞬間に「なんて洗練された船なのだ」と衝撃が走ったのを今でも忘れられません。
完全に一目惚れ、即断即決で乗り替えを決めました。(EXULTシリーズのファーストボート『 2代目ALDILA』)
昨年、ヤマハの営業の方と相談し、当社20周年を迎えるにあたって、2代目と同じEXULT45への買い替えを考え、装備もバージョンアップさせた『3代目ALDILA』の進水式を迎える事ができました。
数々の海外の大型サロンクルーザーも検討したのですが、EXULT45は私の感性にピッタリ合ったボートで、このボート以上に心を動かすものはありませんでした。
デザインの上品さ、波に強い安定感のある走り、機動性の良さの3つがこのボートの良さだと思っています。

太陽は、私の生命力の源。

私は「究極の晴れ男」なんです。ALDILAの進水式は3回とも雲一つない大晴天。
実は進水式当日の天気予報は雨で、直前までは雲行きも怪しかったのですが、私が到着すると不思議と雲が無くなる、という強運を持っているんです。
大事なイベントの出航時は必ずと言って良いほど晴天に恵まれますし、私の晴れ男ぶりは結構有名なんです。
海の上で太陽の光をおもいきり浴びるだけで少し位の風邪や体調不良は吹き飛んじゃいます。
波の穏やかな時には、バウに立って風景を眺めているのが好きで、クルージング中はバウで風と太陽を体一杯に受けながら走っているだけでリフレッシュできちゃいます。

ビルフィッシュトーナメントでもご覧の晴天を引き寄せる

今後のマリーナライフに絶対不可欠なもの!!

このボートでは私自身ステアリングを握る、という事は殆どありません。というのも、年間契約で専属の船長と契約をさせてもらっています。
私にとっては、やはり「ビジネス第一」で、マリーナで過ごす時間はとても希少な時間です。
その希少な・貴重な時間を面倒な手間に費やされることなく、また、日々の管理を一切心配することがなく楽しむためには、安心して任せられる「プロの専属船長・管理者」の存在が大きいですね・・
現在の船長は、操船技術・海の知識・エンジンの知識などのプロですし、永年の付き合いで何といっても人間性も含め、全面的に信頼できる方です。
私がマリーナに出向かなくても、いつでもピカピカの状態にしていただいていますし、突然のお客様との交流でも安心して時間を過ごす事ができるのも、この船長の存在があってこそです。
このような「専属船長」の存在は海外では良く見られますが、まだまだ国内では「プロの船長・管理者」の育成が進んでおらず、今後のマリン業界の発展のためには必要不可欠なのでは、と強く感じています。

趣味は「ビジネス」!!

よく「ご趣味は?」と聞かれ、回答に困る事が多いのですが、私にとって最ものめり込めるもの。情熱が湧きあがるものはビジネスを通した会社の成長や、ビジネスを成功させたときの「お客様と一緒に喜びを味わえる瞬間」で、なんともたまらなく楽しくてしかたありません。
アルディラ・ビジネスクラブの集まりはもちろん街中でも行われますが、EXULT45や海での集まりは、また格別なもので、海の上で飲むビールほど旨いものはないですね・・
仕事仲間の方達も、それこそ一流のホテルやレストランなどは使いなれた方ばかりですが、海での食事やボートの上で過ごす時間は格別の様子で、まさに「ALDILA」(全てを超えて)のおもてなしになってくれています。

参加メンバーの底抜けの笑顔は海での集まりならでは・・

今後の目標は、会社設立50周年を現役バリバリで迎えること!!

その時私は80歳を迎えています。
たいがいの仲間からは「勘弁してくれ」と言われていますが、まだ小さい息子のこれからの成長も楽しみですし、息子にビジネス界で活躍している「格好いい父親」の後姿を見せて行きたいと思っています。
社員・スタッフにも恵まれ、また、取引先などのビジネスの仲間にも恵まれていますので、この「アルディラ・ビジネスクラブ」を通して元気を充電しながら、あと30年精一杯頑張ってみたいと思います。