本文へ進みます

イトヨリダイの キノコ蒸し焼き

キノコとオリーブオイルの香りがフワっと広がり、白身魚と良く合います。

秋の魚Autumn

イトヨリダイ9月~3月にかけてとれる。旬は10月~2月。

イトヨリダイ

イトヨリダイは、本州中部からインド洋にかけ生息している、秋から冬が旬の魚です。
ヨーロッパの地中海沿岸地域では一般家庭でも好んで使われる食材です。骨は硬いですがとても柔らかな肉質のあっさりとした上品な白身は関西地方ではタイに次ぐ高級魚として取り扱われます。
紅色の背と白銀色の腹に鮮やかな黄色の縦縞が大変美しく、尾びれの上部が長く伸び金色の糸のように見えるところから、別名「金線魚」とも呼ばれ、英語名では「golden thread (金色の糸)」と呼ばれています。
良質なタンパク質、高血圧を予防するカリウム、骨粗鬆症を防ぐビタミンDを多く含み、低カロリーなのでダイエット中の人にも最適です。照焼きや塩焼き、ムニエルや香草焼き、フライ、天ぷら、唐揚げなどでも美味しくいただけます。

イトヨリダイの キノコ蒸し焼き

イトヨリダイの キノコ蒸し焼き

キノコとオリーブオイルの香りがフワっと広がり、白身魚と良く合います。お好みでさまざまなキノコ類を組み合わせてみてください。

材料 ……(2人分)
  • イトヨリダイ…2尾
  • 塩…少々
  • コショウ…少々
  • オリーブオイル…1カップ
  • キノコ類…適量(シメジ・シイタケ・マイタケ・エノキなど)
  • パセリ…適宜

作り方

イトヨリダイの キノコ蒸し焼きの作り方
イトヨリダイの キノコ蒸し焼きの作り方
1.ウロコを落として、エラを取り出す
ウロコを引いた後、エラブタから包丁を入れる。
イトヨリダイの キノコ蒸し焼きの作り方
イトヨリダイの キノコ蒸し焼きの作り方
2.腹ワタを取り出す
エラの根元を切り、エラを取り出し、そこから指で腹ワタかき出す。エラと一緒にほとんど腹ワタも取れるので、残りをきれいにかき出す。
イトヨリダイの キノコ蒸し焼きの作り方
イトヨリダイの キノコ蒸し焼きの作り方
3.飾り包丁を入れる
さっと水洗いした後、頭を左にした時に上にくる身の方に、よく火が通るように飾り包丁を入れる。
イトヨリダイの キノコ蒸し焼きの作り方
イトヨリダイの キノコ蒸し焼きの作り方
4.イトヨリダイに塩・コウショウをしキノコ類を切る
飾り包丁を入れたイトヨリダイに塩、コショウをし、10分ほど置いておく。その間に、キノコ類を適度な大きさに切る。
イトヨリダイの キノコ蒸し焼きの作り方
イトヨリダイの キノコ蒸し焼きの作り方
5.イトヨリダイをオリーブオイルで焼く
10分経ったら、フライパンにオリーブオイルをカップ1/4入れ、イトヨリダイをこんがりと焼き色がつく程度まで焼く。イトヨリダイが包める大きさのアルミのホイルを用意し、切ったキノコ類を敷く。
イトヨリダイの キノコ蒸し焼きの作り方
イトヨリダイの キノコ蒸し焼きの作り方
6.イトヨリダイをオーブンで蒸し焼きする
キノコを敷いた上にイトヨリダイをのせ、さらに身が隠れるようにキノコ類をのせる。
その上から オリーブオイル3/4カップと塩、コショウを適量ふりかけてホイルで包み、180度のオーブンで15分程焼く。
イトヨリダイの キノコ蒸し焼きの作り方
7.仕上げ
焼きあがったらホイルを広げて、お皿に盛り付けて、刻んだパセリをちらして出来上がり!
ページ
先頭へ