本文へ進みます

アサリとハマグリの スパゲティ

アサリとハマグリの風味を生かし、白ワイン、塩・コショウでさっぱりと仕上げました。

秋の魚Autumn

アサリ・ハマグリ4月~10月にかけてとれる。

アサリの寿命は8~9年といわれ、殻の長さが最大7cm位までのものもありますが、普通みられるのは大きくても5cm位までです。ハマグリは大きいもので8cmくらいになります。どちらも、とれごろは春と秋から冬にかけてです。
アサリもハマグリも、動脈硬化予防、肝機能強化に効果のあるタウリンや良質のたんぱく質が豊富な上、脂肪分が少ないヘルシーな食材です。また、ビタミンB12も多く、鉄分、葉酸などの成分も含むので、貧血や疲労、睡眠障害などに効果があるようです。ハマグリはグルタミン酸など、天然の旨み成分を多く含むため、濃厚かつ上品な味です。
アサリを使ったスパゲッティーの代名詞ともいえる「ボンゴレ・ビアンコ」は、イタリア語で「ボンゴレ(アサリ)」「ビアンコ(白)」という意味。ちなみに、トマトを使うと「ボンゴレ・ロッソ(赤)」となります。
今回はちょっと豪勢にアサリにハマグリを加えてトッピング。旬の味覚を思う存分お楽しみ下さい。

アサリとハマグリの スパゲティ

アサリとハマグリの スパゲティ

アサリとハマグリの風味を生かし、白ワイン、塩・コショウでさっぱりと仕上げました。にんにくと鷹の爪も良く合います。

材料 ……(2人分)
  • スパゲティ…500g
  • アサリ・ハマグリ…400g
  • 白ワイン…50cc
  • ミニトマト…1パック
  • イタリアンパセリ…適宜
  • にんにく…1個
  • 鷹の爪…2本
  • オリーブ油…大さじ3
  • 塩…適宜
  • コショウ…適宜

作り方

アサリとハマグリの スパゲティの作り方
アサリとハマグリの スパゲティの作り方
1.アサリとハマグリの下準備をするす
フライパンにアサリとハマグリを入れて火にかけ、白ワインを入れる。フライパンのふたを閉め、貝の口が開いたらアルコールを蒸発させる。
貝殻付きの飾り用を少し残して、殻を取り、汁はこしてとっておく。
アサリとハマグリの スパゲティの作り方
アサリとハマグリの スパゲティの作り方
2.ソースを作る
フライパンにオリーブ油、にんにく、鷹の爪を入れて火にかける。トマトは半分に、イタリアンパセリはみじん切りにする。
アサリとハマグリの スパゲティの作り方
アサリとハマグリの スパゲティの作り方
3.ソースを作る
にんにくに色がついたら1の汁を加えてなじませる。切ったトマトとイタリアンパセリも加えて煮る。殻を取ったアサリとハマグリを加えて火からおろす。
アサリとハマグリの スパゲティの作り方
アサリとハマグリの スパゲティの作り方
4.スパゲティをゆでる
スパゲティはたっぷりの湯に少し多目の塩を加えて硬めにゆでる。
ゆであがったらソースの入ったフライパンに加えてまぜ、コショウをふって味をととのえる。
アサリとハマグリの スパゲティの作り方
5.仕上げ
お皿に盛り付けて、殻のついたアサリとハマグリを飾り、イタリアンパセリをちらして出来上がり!
ページ
先頭へ