本文へ進みます

タチウオの三色揚げ

タチウオの淡白でホクホクした身に、大葉、ゴマ、アーモンドの味と食感をプラスしました。

秋の魚Autumn

タチウオ7月~2月にかけてとれる。旬は8月~12月。

タチウオ

歯が鋭く、下顎(したあご)が突出している。腹びれ・尾びれ・ウロコが無く、ご存知のように細長い体型をしています。タチウオが美しい銀白色に輝いているのは、表皮中のグアニンという成分が体を覆っているためです。
このグアニンという成分は粉状の物質で、模造真珠や銀箔紙の材料・マニキュアの原料として使われるそうです。群れをつくり、200m以浅の砂泥底の近くにすみ、夜間に海面近くに上がってきます。
小魚を食べるフィッシュイーターとしても知られ、あの細い姿からは想像もできない強い引きが魅力。
ルアーのターゲットとして人気が高いです。ただ歯が鋭いので、取り込みの際には注意しましょう。

タチウオの三色揚げ

タチウオの三色揚げ

タチウオの淡白でホクホクした身に、大葉、ゴマ、アーモンドの味と食感をプラスしました。漬け汁、または塩、レモンとよく合います。

材料 ……(2人分)
  • タチウオ…1/2尾
  • 塩…少々
  • 小麦粉…適宜
  • 卵白…2個分
  • 大葉…2枚
  • 炒りゴマ…適量
  • スライスアーモンド…適量
  • サラダ油…適量
<漬け汁>
  • カツオ昆布だし…大さじ4
  • 薄口醤油…小さじ2
  • みりん…小さじ2

作り方

タチウオの三色揚げの作り方
タチウオの三色揚げの作り方
1.頭を落とし腹ワタを出す
胸ビレのつけ根から包丁を入れて頭を落とし、そこから腹ワタをかき出す。
今回は1/2尾を使うので身を半分に切っておく。
タチウオの三色揚げの作り方
タチウオの三色揚げの作り方
2.背骨を取る
まず、片側から背骨に沿って包丁を浅く入れた後、身を反対にして同様に背骨に沿って包丁を入れ、背骨の部分だけを切り落とす。
タチウオの三色揚げの作り方
タチウオの三色揚げの作り方
3.3枚におろす-1
頭側から包丁を骨に沿って刃先まで入れて、ひと息に身をおろし、2枚にする。(大名おろし)
はじめに腹の皮を切り落としておくとおろしやすい。
タチウオの三色揚げの作り方
タチウオの三色揚げの作り方
4.3枚におろす-2
次に、骨の付いている身を骨を下にして置き、同様に包丁を入れて、3枚におろす。
タチウオの三色揚げの作り方
タチウオの三色揚げの作り方
5.腹骨と背骨をきれいにそぎ落とす
腹骨を取る。背骨が少し残っている場合は、背骨もきれいにそぎ落とす。
タチウオの三色揚げの作り方
タチウオの三色揚げの作り方
6.切り身にする
3枚におろした身を6cm幅に切り、軽く塩をふる。
タチウオの三色揚げの作り方
タチウオの三色揚げの作り方
7.下準備をする
切り身をふきんで拭いて水気をよく切り、小麦粉をまぶしてから、卵白をつける。
タチウオの三色揚げの作り方
タチウオの三色揚げの作り方
8.揚げる
刻んだ大葉とゴマ、スライスアーモンドをそれぞれつけて、170℃に熱したサラダ油で揚げる。
タチウオの三色揚げの作り方
9. 仕上げ
皿に盛り付けたら出来上がり!漬け汁または、塩・レモンをかけて食べます。
ページ
先頭へ