本文へ進みます

始業点検

艇体外部・内部のチェックリストです。 チェック漏れのないよう注意しましょう。

マリンジェットの点検は、海上でのトラブル防止のために非常に大切です。

必ず乗る前に艇体外部、内部、推進部の点検をおこないましょう。

艇体外部
項目点検内容
フード確実にロックされていることを確認します。
シートデッキに確実に固定されていることを確認します。
艇体 損傷のないことを点検します。
ジェットインテーク(吸水口)異物が付着したり、詰まりのないことを確認します。
カールコードカールコードの損傷がないことを確認します。必要な場合は交換します。
スイッチ類エンジン始動スイッチ、停止スイッチの作動および緊急エンジン停止用スイッチの作動を点検します。
冷却水点検孔エンジン運転中に水が出ていることを確認します。
マルチファンクションメーターメーターが正しく作動するか点検します。警告表示されていないことを確認します。
艇体内部
項目点検内容
エンジンルームシートを取り外し、エンジンルームの換気を行います。
ビルジ水や燃料が溜まっている場合は、完全に取り除きます。
ドレンプラグドレンプラグが確実に取り付けられていることを確認します。
スロットルレバースロットルレバーが正常に作動することを確認します。
ステアリングステアリングが正常に作動することを確認します。チルトロックの確認も行います。
シフトシフトが正常に作動することを確認します。
燃料タンクフュエルキャップを開けて、燃料タンク内の圧力を抜きます。
燃料、オイル燃料、オイル量を点検します。必要な場合は補給します。漏れがないことを確認します。
水分離器水が溜まっていたら水抜きします。
バッテリーバッテリーの液量とターミナル端子が緩んでいないか点検します。
ページ
先頭へ