本文へ進みます

慣らし運転の方法

慣らし運転の方法をご紹介します。

新しいマリンジェットに乗るときは、エンジン構成部品などの摺動面を均一に摺り合わせるため、慣らし運転期間が必要です。慣らし運転をおこなうことで正常なエンジン性能が得られるとともに、各部品の寿命を延ばします。

慣らし運転の方法
慣らし運転を怠ると、構成部品の寿命が縮むばかりでなくエンジンに損傷を与える恐れがあります。

エンジン構成部品等の摺動面を均一に摺り合せるために、慣らし運転が必要です。慣らし運転を行うことにより、安定した性能が得られるとともに各部品の寿命も延びます。

慣らし運転を行うときは:
  • 1)エンジンオイル量を点検します。
  • 2)マリンジェットを進水し、エンジンを始動します。
  • 3)最初に2000r/minで5分間航走します。
  • 4)次に5000r/min以下で90分間航走します。

慣らし運転完了後、通常の航走が行えます。

ページ
先頭へ