本文へ進みます

万一トラブルが起こったら

トラブル時の対処法をご紹介いたします。

ジェットインテークとインペラの清掃

海藻やゴミなどが目詰まりしていると思われるときは、マリンジェットを岸に引き上げてジェットインテークとインペラを点検してください。マリンジェットを岸に引き上げる前に必ずエンジンを停止させてください。
万一トラブルが起こったら
  1. (1) 艇体に傷がつかないように、マリンジェットの下に適当なカーペットなどを敷いてください。図のようにマリンジェットを横にします。
  2. (2) ジェットインテーク、ドライブシャフト、インペラ、ジェットノズルの周囲から海藻やゴミを取り除きます。取り除くことが困難な場合は、ヤマハ取扱店にご相談ください。
万一トラブルが起こったら

ブースターケーブルの使用

バッテリーが電圧低下して使えなくなった場合は12 V のバッテリーとブースターケーブルを使ってエンジンを始動することができます。

  • (1) 赤色のブースターケーブルを使って両方のバッテリーの(+)端子を接続します。
  • (2) 黒色のブースターケーブルをブースターバッテリーの(-)端子に接続します。
  • (3) 黒色のブースターケーブルの他端をエンジンハンガーに接続します。
  • (4) エンジンを始動し、その後は逆の手順でブースターケーブルを取り外します。
万一トラブルが起こったら
  1. 黒色ブースターケーブル
  2. ブースターバッテリー
  3. 赤色ブースターケーブル
  4. エンジンハンガー
万一トラブルが起こったら
  1. 電装ボックスカバー
  2. ロック
  3. 突起

マリンジェットの曳航

自力での航走ができなくなった場合は、マリンジェットを岸まで曳航してください。曳航されるときは:曳航ロープは、曳航する船舶とマリンジェットの船の長さを合せた3倍以上のロープを使用します。

  • (1) 曳航ロープを曳航されるマリンジェットのバウアイに確実に取り付けます。
  • (2) 曳航されるマリンジェットに乗船します。乗船者はハンドルバーを握りバランスを取ります。
  • (3) 曳航する船舶は8 km/h 以下で航走します。
万一トラブルが起こったら

水没時の処置

マリンジェットが水没した場合は、まずエンジンルーム内のビルジを排水します。その後すみやかにヤマハ取扱店で整備を受けてください。

  • (1) マリンジェットを陸揚げし、各物入れに溜まった水を排水します。
  • (2) エンジンルーム内のビルジを排水します。
  • (3) できるだけすみやかにヤマハ取扱店で整備を受けてください。
ページ
先頭へ