本文へ進みます

浮き桟橋への係船

浮き桟橋に係留する場合の手順と注意点を紹介します。

軽風

軽風

取り回し要領ロープ径フェンダ
  1. 船尾側係船ロープを後方フェンダーが桟橋に接触するまで桟橋側に引き付け、係船金具にロープを結ぶ。
  2. 船首側係船ロープも桟橋側に引き付ける。
    守ろうマリンジェットのルール
  3. 桟橋と船の間隔がフェンダー幅で平行になる様、係船金具にロープを結ぶ。
    守ろうマリンジェットのルール
10mm以上 20cm径以上
2個以上
守ろうマリンジェットのルール

閉じる

やや強風

やや強風

取り回し要領ロープ径フェンダ
  1. 船尾側のロープ取り回し作業を以下の手順で行う。
    • 1:船からの係船ロープを桟橋前方の係船金具に結ぶ。
    • 2:上記1で残ったロープを自艇クリートに戻してクリート結びをする。
    • 3:上記2で残ったロープを桟橋後方の係船金具に1と同様に結ぶ。
    • 4:上記3で残ったロープを自艇クリートに戻して2と同様にクリート結びをする。
    守ろうマリンジェットのルール
  2. 船首側の取り回しを上記と同様の手順で行う。
  3. 桟橋と船がフェンダーの間隔で平行になる様、係船金具に最終結びを行う。
    守ろうマリンジェットのルール
上記ロープを折り返す。 20cm径以上
2個以上
守ろうマリンジェットのルール

閉じる

強風

強風

取り回し要領ロープ径フェンダ
  1. 1)可能な限り、船首を風向に向ける。
  2. 2)中級レベルの取り回しと同様の方法で、係船ロープやフェンダーを一回り太い物に替えて係船する。
    守ろうマリンジェットのルール
(補足)
  • ◎風の勢いが台風並みの場合、可能な限り陸上保管する。
  • ◎陸上保管できない場合は、風の影響を受け難い桟橋に移動する。
  • ◎係船ロープを左右両舷から取れる桟橋に移動する。
守ろうマリンジェットのルール
10mm以上 20cm径以上2個以上
守ろうマリンジェットのルール

閉じる

ページ
先頭へ