本文へ進みます

テクノロジー:FR-32EX HP

積み上げてきた実績と継承してきた経験値により到達した技術をご紹介します。

MENU

ADVANCED TECHNOLOGIES AND DESIGN

最強のフィッシングクルーザーを目指し、オーナの方々に期待以上のご満足をいただくためにヤマハの持つ技術の粋を結集。スピード性能、乗り心地、使いやすさなど様々な角度からベストバランスを追求しました。

01航走性能と快適性能を両立したハルデザイン

FR-32EX HPでは素直な操縦性能と快適な乗り心地をコンセプトに、従来艇とは一線を画す新たなデザインを感じさせるニューVハル船型を開発しました。ヤマハ38コンバーチブルなどで実績のあるコーススタビライズドキールと、ワイドフレアの採用により高い凌波性と圧倒的な乗り心地の良さを実現。荒れた外洋でも、疲れにくく長時間の航行を可能にしています。また、従来の同クラス艇よりも大きめの流線形状ラダー(舵)を採用することで、高速時のスピードを犠牲にせず低速時の旋回性能を飛躍的に向上、これによりマリーナや港内での取り回しや離着岸を容易に行えます。

ニューVハル

02高剛性ハル

FR-32EX HPではヤマハ独自の構造解析技術F.E.M(Finite Element Method)解析による剛性シミュレーション技術に加え、繰り返し行われる航走耐久テストにより、従来よりも空間効率を上げながら構造強度を確保しています。

構造解析シミュレーション
写真はテストドライバーによる耐久テスト風景です。

03数々の艇を乗りこなしてきた達人が納得する快適な釣り機能の追及

航走性能はもちろんのこと、FR-32EX HPのニューVハル船型は優れた静止安定性を発揮。 この静止安定性により外洋でも安心してフィッシングに専念できます。また全周はウォークアラウンド仕様で通路幅も前を向いて歩ける幅を確保。ブルワークは充分な深さを持ち、内側に設定されたバウレールと相まって、荒れた海でも安心して移動できます。ガンネルはバウまでオープンガンネルを採用。ベテランアングラーの様々な艤装の要求に応えます。

04収納スペース

アフトデッキ下は構造材を工夫することによって、大容量の物入れスペースとして使用できるようにしました。フェンダー6個も、楽々収納可能です。キャビン内は、バウバース下を全て収納スペースとすることで長年釣りを続けてきた釣り人の数多くのタックルを一気に収納できます。また、両サイドは長尺物用スペースとして、ロッドやタモ等を置くことができます。キャビンシート(オプション)下もライフジャケット等の収納スペースとしています。

05インボード艇ならではの本格的流し釣り性能を発揮

「居住性を向上させるためにキャビンを大きくしたい」それは風流れ抑止性能の向上には大きなマイナス要素でした。しかしながら、FR-32EX HPではコーススタビライズドキールを採用することにより、同クラスフィッシングボートではトップクラスの優れた風流れ抑止性能と保針性を発揮、狙ったポイントを確実にキープしトレースすることができます。この風に流されにくいニューVハル船型は、微速装置や新開発フィッシングサポートリモコンとスパンカーを組み合わることにより、優れた風立ち性能を発揮、流し釣りで大いに威力を発揮します。

06優れた風流れ抑止性能とは

船首が風下を向きにくい(ポイントに戻りやすい)

FR-32EX HPはインボード艇の利点を活かし比較イラスト:Bの動きで風に流されるため、魚礁等のポイントで釣りを行う場合、ボートの向きやポイントを補正する必要が最小限で済むことになります。加えて、微速装置やフィッシングサポートリモコンを利用すれば、煩わしい操船作業から解放され、キャプテンも釣りに専念できます。

07フィッシングサポートリモコン(FSR仕様)

従来、流し釣りではポイントをキープするためには、頻繁でデリケートなシフト操作を釣りをしながら行わなければなりませんでした。このフィッシングサポートリモコンでは、風速・潮流にマッチするようリモコンレバーの目盛りを合わせるだけ。シフトの「入り・切り」の時間管理をするプログラムにより、後はタイマー任せで自動的にシフト操作を繰り返します。キャプテンも釣りに専念でき、釣果アップにつながります。

08フィッシングサポートリモコン機能付きハンディリモコン(工場オプション)

バウのコネクターにハンディリモコンを接続すれば、バウデッキでの前後進、ステアリング操作が可能となり、バウデッキに居ながらして短距離でのポイント移動に威力を発揮します。ハンディリモコンでは最大速力約10ktまでの速度調整が可能。スイッチ一つでフィッシングサポートリモコン機能に切換えることができます。

09EVC搭載コモンレール式ディーゼルエンジン「VOLVO D6-370」

優れた走航性能と環境性能を兼ね備えたコモンレール式ディーゼルエンジンを搭載しました。コモンレール方式により、高圧にした燃料をレール内に蓄え、タイミングよく適切な量を噴射することで、パワフルな走りと優れた燃費性、クリーンな排気を実現。さらに、エンジン及びトランスミッションを管理する EVC(エレクトリカル・ベッセル・コントロール)システムを搭載したディーゼルエンジンにより、より手軽で、楽しいボートライフを提供します。

10バウ・スターン スラスター(工場オプション)装着でラクラク離着岸

FR-32EX HPは1軸インボード艇としては抜群の舵利き性能を発揮し、高い旋回性能を実現、オプションのスラスターを装着すれば、より小回りの効く操船が可能になります。従来の1軸艇では桟橋への離岸や着岸は結構気を使うものでしたが、このスラスターを装着することで、狭い場所でのその場回頭も可能になり、スムーズな離着岸が可能になります。

ページ
先頭へ