本文へ進みます

テクノロジー:YFR-27EX

積み上げてきた実績と継承してきた経験値により到達した技術をご紹介します。

MENU

01Design Concept

「Form Follows Function : 形態は機能に従う」という思想に基づきデザインされたYFR-27。ロープロポーションの洗練されたデザインは、視覚的なスポーティさだけでなく機能性に優れた次世代フィッシングボートのフォルムを感じさせます。
クラス最大レベルのフィッシングスペース。ヤマハフィッシングボートの最新トレンドであるスクエアバウとウェーブ・スラスター・ブレード(W.T.B.)の組み合わせに、新開発の「STEPHULL(ステップハル)」を融合した船型。さらにデッドスペースを最小化し、収納スペースを最大化したデッキレイアウトやハンディタイプのFSR(フィッシングサポートリモコン:YFR-27 FSRに工場オプション)など高いフィッシング性能を有機的に内包しています。
また、ボートの基本性能である、航走安定性、静止安定性、凌波性、乗り心地など高い次元での走行性能を具現化しています。YFR-27は、アングラーの視点から必要なさまざまな機能をデザインに織り込んでいます。

02Structure of Fishing Boat

航走安定性を高めるリバースチャインと風流れ抑止効果を発揮するW.T.B.に加え、船尾船底に段差をつけたSTEP HULLを効果的に組み合わせたハルを採用。このSTEP HULLの採用により、ブリッジの居住性を確保しながら卓越した風立ち性能を実現。
フィッシングポイントの微調整や移動時の操船を考慮し、後進時のしぶきを抑制すると同時に優れた舵効き性能を実現しました。また、スクエアバウの形状を活かしたワイドフレアは、航走時における波しぶきや細かな飛沫等のデッキへの巻き込みを低減。
さらにチャイン幅の拡大と低重心化により優れた静止安定性も実現しています。

03Run Through The Waves

目指すフィッシングポイントまでの時間を短縮し、快適に移動するためには、優れた凌波性が不可欠です。そのため、ハルには当社独自の一体型大型キールW.T.B.を採用。W.T.B.の角度を最適化することで、波高の低い波はスムーズに切り裂き、高い波高の場合は着水時の衝撃を緩和。優れた乗り心地性能を実現します。同時にリバースチャインの採用により航走時の安定性を向上。ワイドフレアとの組み合わせでスプレーの巻き込みを抑え、外洋でのポイント移動などでも優れたドライネス性を発揮し、快適な走りを提供します。

04Wind-drift Resistance

YFR-27の低くシャープなフォルムはデザイン性だけでなく空中側面積を低減することで風流れ抑止効果を発揮します。さらにSTEP HULLの採用とブリッジを後方にレイアウトすることで空中・水中側面積の中心を近づけ、優れた風流れ抑止性能を実現。これにより、同クラスのキャビン付きクルーザーと同等レベルの居住性を確保しながら、風流れ性能に定評のあるフィッシングボートと同水準の流し釣り性能を達成しました。流し釣りでのボートの保針が容易でポイント補正も最小限の操作で行えます。また、オプションのローマストスパンカーと組み合わせることで、風流れ抑止効果は一段と向上します。

船首が風下を向きにくい特性(ポイントに戻りやすい)

YFR-27(イラスト:C)は今までのプレジャーボートタイプ船外機(イラスト:D)と異なり、船首が風下を向きにくいため、ボートの向きやポイントの補正が最小限で済むことになります。加えて、スパンカーを使用した流し釣り(イラスト:B)では、船内機フィッシングボート+スパンカー(イラスト:A)と同等レベルの風流れ抑止性能を発揮します。

05Fishing Support Remote Controller

FSR(YFR-27EXFSRに標準装備)には、手動ではコントロールに手数を要するデリケートなシフトの「ON」「OFF」を時間管理するプログラムが組み込まれています。従来、釣りながらシフト操作や微速の操作をしなければなりませんでしたが、風速・潮流に合わせてレバーを目盛にセットしておくだけで、シフト操作の「ON」「OFF」を自動的に繰り返してくれるため、キャプテンも煩わしい操作から解放され、釣りに集中しやすい環境を提供します。また、バウデッキやアフトデッキのフィッシングポジションでもFSRの操作や低速でのボートの操縦を可能とするコネクター差し替え式のハンディリモコンをオプションで用意しました。

06Fishing Space Layout

27フィートという操船しやすい中型クラス艇ながら、ワイドなスクエアバウとトランサムデッキ、広いサイドウォークとブリッジのスケールバランスを考慮したデッキレイアウトにより、当社同クラス比147%と格段に広いフィッシングスペースを確保。スクエアバウは2人が並んでキャストできる広さを持ち、バウで追いかける青物狙いのキャスティングゲームでは、そのデッキデザインが威力を発揮します。YFR-27の大きな特徴であるトランサムデッキは、専用のスターンレール(工場オプション))を組み合わせることで、投げやすく、フィッシングアクションを支えるホールド感の高いキャスティングステージに仕上がっています。また、通路幅を305mmと広いスペースを確保したサイドウォークは、デッキ間の移動をスムーズにするだけでなく、フィッシングスペースとしても充分な広さで、海に向かってのキャストも可能です。

バウデッキ
サイドデッキ
トランサムデッキ

07Storage Space Layout

収納力については、ボートの構造上生まれるデッドスペースを有効活用することで、当社同クラス比137%を実現。またワイドなサイド通路幅を確保しながら、ブリッジ内部はレイアウトを工夫することで大人4人が着座できる十分な居住空間を実現しました。さらにキャビン内フロア下の広い収納庫は、大きなフロアハッチを設けることで大物収納に適しています。さらに前後デッキの高低差によって生じるサイドウォークの段差を利用し、下部をボートフックなどの長尺物を収納できるサイドストレージとしています。バウロッカーやスターンロッカーなども使いやすい位置にレイアウトし、機能性も高めています。

08BE-COOL(充電式マリンエアコンシステム)

船外機やソーラーパネルからエアコン専用バッテリーに補充電を行い、インバーターを介した交流電源により、船外機艇でも冷房能力を落とすことなく、エアコンを駆動させるシステム[BE-COOL]を採用。充電器セット(工場オプション)により短時間での充電や、エンジン停止状態でのエアコン運転も可能。[BE-COOL]が、より快適なマリンライフを実現します。

09CL7(タッチスクリーンカラーディスプレイ)

CL7は、ヤマハのデジタル技術を応用・発展させた「コマンドリンク」システムで、見やすい7インチ液晶カラーディスプレイを採用。スクリーンタッチによる直感的な操作を可能にしたことで使いやすさを向上しました。操縦席とエンジン間において、操船者に様々なエンジン状態、航走状態、警報や点検メッセージなどの情報を見やすく分かりやすい画面表示で提供します。
さらに、地図ソフトを組み合わせることにより、GPS魚群探知機の表示が可能です。10インチMFD(マルチファンクションディスプレイ)(オプション)を設置すれば、CL7ではエンジン情報を管理し、MFDではGPS魚探を表示することができます。また、従来の振動子はパルス発信(50/200kHz)方式でしたがチャープ発信(80~160kHz)方式により、従来よりもより詳細でクリアな海中情報を得ることができます。さらに、クイックドロー機能(海底地形図作図機能)により、走行した海底の等深線をSDカードに記録することがでるため、自宅のパソコンで釣行の作戦を練ることもできます。
その他多彩な電子機器(オプション)を接続することで、さまざまな情報を表示することができます。これまで複数のメーターやモニターが並んでいた煩雑なダッシュパネルをシンプルにまとめ、電子機器の操作や操船面において快適性と利便性を提供します。

艇モデルや船外機により一部設定の無い機能がございます。詳しくは販売店までお問合せください。

10POWER UNIT

低燃費、クリーンな排気ガス、小型、軽量を実現したヤマハ4ストローク船外機、V型6気筒モデルF250D。船外機として世界で初めて「スリーブレスシリンダー」を採用したほか、ボトムカウリングに軽量な樹脂素材を採用するなど、徹底した軽量・コンパクト設計により、クラス最軽量を達成(当社調べ2013年9月現在)。さらにECM(エンジンコントロールモジュール)や「可変カムシャフトタイミング」による優れた燃焼効率と出力特性により、卓越したスピード性能と燃費性能を実現しました。350リットルの大容量燃料タンクの装備により、1日の釣行エリアがぐっと広がります。

ページ
先頭へ