本文へ進みます

デザイン:MJ-FX Cruiser HO

コックピットおよびインテリア、エクステリアをご紹介いたします。

MENU

コックピット / メーターパネル / メーターパネル表示切替ボタン

コックピットの中央にセットされた大型のアナログメーター。タコメーターとスピードメーターの切替が可能です。左側のインフォメーション・ディスプレイでは燃料計、電圧計、アワーメーター等を表示し、右側のマルチファンクション・ディスプレイではシフトポジション、トリムポジション、平均速度、燃費、トリップメーターを表示します。 メーターパネル表示切替ボタンは、グローブボックスの上部に配置し、各メーターの表示を切り替えます。

リモートコントロールトランスミッター・ヤマハセキュリティシステム / L-モード

L-モード(Low RPM mode)とヤマハセキュリティーシステムの専用リモコン。L-モードボタンは、長くボタンを押すことで最高回転数を低く抑えることができます。セキュリティーシステムボタンはエンジン始動のロック&解除ができます。

グローブボックス

クルージングに必要な荷物の収納に便利です。
さらにグローブボックス内にはデュアルカップホルダーが装備されています。

バウ大型物入れ

バウ物入れは大容量を確保、マリンスポーツギアの収納に適しています。
グローブボックスと合わせてクルージングに必要な荷物の収納に便利です。

FXハル

超軽量素材「NanoXcel」を採用し、サイドスポンソンとのベストマッチングで、フルサイズのボディを感じさせない俊敏性を発揮。傷が目立ちにくいカラードハルが精悍でアグレッシブなマリンジェットのイメージを演出します。

リボーディングステップ

シュノーケルやウェイクボードなどマリンスポーツを楽しむ時、再乗船をスマートかつ容易にするステップを装備。無理のない乗船は水辺の楽しみをより広げます。

防水物入れ(シート下)

クルーザーシート

長いシート長により、パッセンジャーにも独立した着座スペースを確保。
ドライバーだけでなく、後ろ2人のパッセンジャーにも快適性を与えるヒップサポート付きです。

写真には撮影のための小道具が含まれています。
ページ
先頭へ