本文へ進みます

デザイン:MJ-FX SVHO

コックピットおよびインテリア、エクステリアをご紹介いたします。

MENU

コックピット / メーターパネル

コックピットの中央にセットされた大型のアナログメーター。タコメーターモードでは、SVHOエンジンのクイックなレスポンスが確認でき、スイッチで切り替えればスピードメーターとしても機能します。また、左側にあるインフォメーション・ディスプレイでは燃料計、電圧計、アワーメーター等を表示。右側のマルチファンクション・ディスプレイは平均速度や燃費などの表示に加えて、シフトポジションとトリムポジションが瞬時に確認しやすくなっています。ステアリングの両脇には防水物入れとカップホルダーを配置、防水物入れは、濡れて困るものの収納に便利です。

RiDE / エレクトリック・トリム・システム

左側のハンドルにあるRiDEレバーで「減速・後進」の操作をします。RiDE操作中はメーターに「R」を表示。またエレクトリック・トリム・システムのボタン操作により、走行状態に応じた最適なトリムに設定できるシステムです。上下2段階づつの調節が可能でマルチファンクション・ディスプレイにトリムポジションを表示。
エンジン停止時やリバースゲートがニュートラルまたは後進になった時にはトリム設定がセンターポジションに戻ります。

クルーズアシスト / ノーウェイクモード

クルーズアシストは、長時間のクルージング時、スロットル調整をせずに一定の回転数での走行をサポート。また、ウェイクボードなどのトーイング時も、微妙なスロットル調整によるスピードコントロールが不要となります。手元のコントロールボタンの操作でエンジン回転数の微調整が可能です。ノーウェイクモードは、最徐行が必要なエリア(マリーナ内の桟橋周辺や水路等)で、微妙なアクセル操作による速度調整を軽減し、安定した低速走行をサポートします。

アジャスタブル・チルト・ステアリング

4段階にセットできるアジャスタブル・チルト・ステアリングによって、ライダーの体格差や好みに応じたアジャストを可能にしました。ライダーに快適なクルージングを提供します。

リモートコントロールトランスミッター(ヤマハセキュリティシステム / L-モード)

L-モード(Low RPM mode)とヤマハセキュリティーシステムの専用リモコン。L-モードボタンは、長くボタンを押すことで最高回転数を低く抑えることができます。
セキュリティーシステムボタンはエンジン始動のロック&解除ができます。

スターンデュアルグリップ / トーイングフック

リボーディングステップ

シュノーケルやウェイクボードなどマリンスポーツを楽しむ時、再乗船をスマートかつ容易にするステップを装備。スムーズな乗船は水辺の楽しみをより広げます。

写真には撮影のための小道具が含まれています。

その他の主要装備品

メーターパネル表示切替ボタン
メーターパネル表示切替ボタンは、グローブボックスの上部に配置し、各メーターの表示を切り替えます。
バウ大型物入れ / 給油口 / グローブボックス / 防水物入れ(シート下)
バウ物入れはマリンスポーツギアの収納に便利な大容量のスペースを確保。グローブボックスなどの他の収納スペースと合わせるとロングクルージングに必要な荷物を収納できます。
給油口はバウハッチを開けたところに位置し、キャップは落下防止のチェーン付きです。
グローブボックス内にはデュアルカップホルダーが装備されています。また2分割になるツーピースシート後方は防水タイプの物入れスペースとしました。濡れて困る物の収納に役立ちます。
スターン物入れ
スターン物入れは、トーイングロープやシュノーケリングなど、マリンスポーツで水に濡れたギアの収納に便利です。
プルアップクリート(2ヶ所)
未使用時はボディーラインに沿ったフラットな状態のため、マリンプレイの場面で人や物が引っかかりにくく、係留など使用時にプルアップできるクリートを装備しました。
ページ
先頭へ