S-1 Winner Interview

質の高い走りに絶賛

マリンジェットファンにとっては秋の恒例イベントとなるS-1GPの全国大会が、去る2016年10月11日(日)に千葉県市川市の江戸川ゲレンデにて行われました。東北から九州まで各地区大会の上位となった総勢54名が参加し、20回記念大会の優勝をかけてタイムトライアルに臨みました。

競技はVX、FX、ランナバウト1、ランナバウト2、スキーの各5クラス。各クラスでは、定められたスラロームのコースを回るタイムを競います。決して複雑なコースではありませんが、それだけにマシンの性能を知り尽くし、操船技術を磨き上げなければ上位には入れません。GPも2017年で登場してから20周年を記念します。

それぞれの優勝者にはニューモデルMJ-GP1800の乗船体験できるとあって、大いに盛り上がりを見せました。
GP1800試乗直後の印象を、2016年の最高峰を見事勝ち得た各クラス優勝ライダーならではの目線で語って頂きました。

瀬崎 明夫 さん

VXクラス優勝者

マシンのフィーリングが軽く感じましたし、VXでは感じる横Gも少ない。
直感で言うとVXクルーザーをハイパワーにしたようなレスポンスがあります。
立ち上がりも抜群に速く直線の安定感もありました。
上手く乗りこなせるようになれば、スピードも桁違いになるのでしょうね。

鈴木 克昌 さん

ランナバウト1/VXS優勝者

VX系のハルにスーパーチャージャーのエンジンを搭載していると聞いたので、軽くてハイパワーなマシンを想定していましたが、スタートからの加速感は予想以上に強烈でしたね。
以前はGP1300に乗っていましたが、同じGPでもさらに精度が高くなった印象です。

古出 進 さん

ランナバウト2/FZS優勝者

気持ちよく走れるし、素直に走ってくれるというのが第一印象です。
ただ圧倒的なパワーがあるので、初心者は面食らっちゃうぐらいの迫力があると思いますが、乗り慣れてくれば扱いやすさに変わると思いますよ。
GPと言う名前ですから期待して乗りましたが、やっぱりいい走りでしたね。

宮崎 悦男 さん

FXクラス優勝者

買いたくなるモデルでした。
スピードは爆発的な瞬発力がありますが、かといって安定性が無いかと言えば、十分に安心して乗れる。
ボディの軽さも魅力ですね。
反応がダイレクトに伝わってくる。
コーナーリングも、立ち上がり後半からの加速感が心地いいですね。
GPとFXを比較すると走りの質の違いになるので、好みは乗らないとわからないでしょうね。

金子 聡 さん

スキークラス優勝者

普段乗っているSJとは別の乗り物ですね(笑)。
速さが異次元ですよ。
コーナーになるたびに恐怖感が迫ってきましたが、なんとか振り落とされずに試乗が終わりました。
ノーマルでも十分に速いと思いますが、チルトやスポンソンの位置などもユーザー側で変更できるのもいいですよね。
ポテンシャルは十分に高いマシンだと思います。