本文へ進みます

デザイン:MJ-VXR

コックピットおよびインテリア、エクステリアをご紹介いたします。

MENU

コックピット / メーターパネル

センターに液晶モニターのマルチファンクションメーターを配置。タコメーターとスピードメーター、燃料計や各種警告装置に加え、シフト表示やセキュリティモード、L-モードの表示ランプを備え、様々な情報を瞬時に確認することができます。また、ハンドルとミラー、メーターをライダーの見やすさと扱いやすさを考慮してセット。さらにハンドル下にレイアウトされたグローブボックスは、ペットボトルが2本入る容量を確保するなど、利便性も高めています。

ニューライドプレート&スクリーンインテーク

レース設計のライドプレートに加え、シャープなハンドリングと良好なフックアップを実現する高性能トップローダーインテークを新採用。より俊敏で軽快な走りを発揮します。

1,812cc High Output Engine

ツーピースシート

グリップ性とホールド性の高いシートマテリアルを採用。アクティブなライディングをサポートします。さらに、ライダーのヒップサポートが走行時の姿勢を安定させ、多少のラフコンディションや長時間のスポーツライディングでも疲労感が少なく、ロングクルージングでも威力を発揮します。2分割できるシートの後方は防水タイプの物入れスペースになっています。

リボーディングステップ

スノーケリングやトーイングなどを楽しむ際の再乗船を簡単かつスマートにするステップをセット。マリンスポーツをより気軽に楽しめる装備です。

写真には撮影のための小道具が含まれています。

その他の主要装備品

ヤマハセキュリティシステム / L-モード・リモートコントロールトランスミッター
L-モード(Low RPM mode)とヤマハセキュリティシステムの専用リモコン。L-モードボタンは、長くボタンを押すことで最高回転数を低く抑えることができます。セキュリティ システムボタンはエンジン始動のロック&解除ができます。
防水物入れ(シート下)
2分割できるシートは、後部シートの下を防水タイプの収納スペースとしました。
ワイドリア・プラットフォーム
シュノーケリングなどのマリンスポーツの小休止に、ウェイクボードプレイの際は、ビンディングの装着に便利な広さを確保しています。
ページ
先頭へ