本文へ進みます

#ヤマハバイクのある風景フォトコンテスト受賞作品

最終審査ノミネート作品の中から、各賞が決定しました!

#ヤマハバイクのある風景フォトコンテスト受賞作品 #ヤマハバイクのある風景フォトコンテスト受賞作品
フォトコンテストの詳細はこちら フォトコンテストの詳細はこちら

2021年11月1日からスタートした#ヤマハバイクのある風景フォトコンテスト、最終審査へ多数の投票をいただきありがとうございました。
応募総数2,189件のうち最終審査にノミネートされた各部門15作品の中から、各賞が決定しました!

バイクのある風景部門
バイクがあったら良い風景部門 → 将来のライダー部門 →

最優秀賞

審査員:小﨑直史氏のコメント

谷に沸き立つ雲や淡い山の稜線など、何層にも重なったダイナミックな風景をドラマティックな光が照らしていて、何度見ても見飽きない素敵な風景ですね。近景のバイクやライダーが、主役である遠景の広い風景を引き立てるスパイスになっていて、バイクは副題、主役は風景という「バイクのある風景」の神髄を見た気がします。

審査員:田中伸明氏のコメント

光芒と靄が作り出す幻想的な風景と、その瞬間に出会えたライダーの感動を見事に切り出した作品ですね。風景を効果的に見せるため、バイクとライダーの位置、そしてポージングに特に拘られたのではないでしょうか。結果としてバイクとライダーの距離感はもちろん、全体のバランスが最適な構図の作品となっていると感じました。

優秀賞

佳作

審査員賞

審査員:田中伸明氏のコメント

早朝の雲海の上を走る爽快感が伝わってくる作品で、個人的に最も「走ってみたい」と感じたシチュエーションでした。黒く重たい橋が画面下部をしっかりと支え、上半分を占める空とバランスよく対比していると感じます。明暗差がある中でも白トビ黒ツブレがなくディテールがしっかり表現されている点も素晴らしいです。

バイクのある風景部門
バイクがあったら良い風景部門 → 将来のライダー部門 →
ページ
先頭へ