本文へ進みます


55mph - レストア密着レポート FX50再生記 バイクが文化遺産に変わるまで VOL.6「火入れ」

1972年登場の原付ロードスポーツ「FX50」がレストアされるまでを追う。

レストア作業もいよいよクライマックス。すでにFX50は新車のような姿となってピットに鎮座している。組み付け工程で大きなトラブルはなかったが、多少のハプニングはあったと花井さん。

「まずレギュレーターが壊れていたので、ストックしてあったRD50のものを流用して対応しました。あとマフラー内部のサイレンサーが欠品していることも組み立て時に判明しました。まさかと思いましたね(笑) コンディションの良い中古のマフラーを新たに手配し、再メッキを行った元のマフラーにサイレンサー部だけ移植しました」
マフラーに関してはもうひとつ面白い話があると花井さんは棚の上に置かれたエキゾーストパイプを指さした。

「これは新品のままストックされていた当時のパーツなのですが、現在の基準で見るとメッキの“のり”があまり良くないことが分かると思います。大量生産における鍍金設備の諸問題、それとコストの問題もあったのでしょうね。マフラー本体と色味がかなり違うので今回のレストアでは使用することはありませんでしたが、当時の新車がどういうものであったかを知るための貴重な資料だと思います」

 燃料タンクやシートといったこれまで進捗が明らかではなかった大物パーツも見事に復元されていた。とくにシートはかなりこだわったという。表皮は業者に型が残っていたために問題なく再生できたが、その表皮をシートベースに固定するための「リベット」だけはどうしても同じものが入手できなかったためである。元々付いていたリベットを参考に新たに型を起こし、大きさ、形、色が同じものを一から製作したというから大変だ。 凹みのあった燃料タンクはスライディングハンマーによって修正が行われ、その痕跡は微塵もなくなっている。

 最後に花井さんがコーションラベルを各部に貼り付けてFX50はついに往年の姿を取り戻した。あとはエンジンを始動させる「火入れ」を残すのみだ。

花井さんは数回キックを踏むとFX50のエンジンはあっさりと目覚めた。スロットルをあおるとマフラーからはどっと白煙が吹き出す。これだけで周囲は一気にノスタルジックな空気に包まれる。五感に訴える2ストの魅力である。

「オイルは鉱物性のものと化学合成のものを折半しています。100パーセント化学合成油を使うことはないですね。燃料ポンプとの相性などもあって、やはり古い車両には昔から使われているオイルの方がリスクが少ないですから。またガソリンも20:1の混合燃料を使用しています」

エンジン始動後は灯火類やホーンなど、走行に必要な装備がしっかり機能するかも確認する。花井さんはオイルポンプが稼働しているかについても目視で確認を行っていた。「この火入れの段階でエンジンが掛からなかったことはなかったですか?」と少し意地悪な質問をぶつけてみた。

「燃料、圧縮、点火の三要素さえきっちりクリアしていればまあまず大丈夫です。これでひとまずレストアは完成ですが、『動態保存』という意味ではテスト走行など、これからもまだやることがありますね。今回の難易度?うーん、そうですね『中』ぐらいではないでしょうか」

無事にレストアを終えたFX50は早速この春よりコミュニケーションプラザで展示が行われる。この日、北川さんが録音したエグゾーストノートも施設内の端末を使って聞くことができるという。

花井さんはスロットルをひと捻りして甲高いエグゾーストノートを響かせるとすこし名残惜しそうにエンジンを止めた。

コミュニケーションプラザ

「過去・現在・未来」と「コミュニケーション」をキーワードにしたヤマハ発動機の企業ミュージアム。館内には最新モデルのほか、それぞれの時代を彩った市販車やヤマハファン垂涎のワークスレーサーなどが当時のままの姿でずらりと展示されている。3階にはソフトドリンクや軽食を楽しめるカフェスペースが用意されてるので、ツーリングついでに立ち寄るのもおすすめだ。開館日などの詳細は下記リンクより。

ページ
先頭へ