YAMAHA
MotoGP第5戦フランスGPがスタート!

Motorcycle de French フレンチの達人 ヤマハモーターサイクルで食材探しの旅

Vol.37 食材探しツーリングスペシャル 第一話 ル・マン、MOTOGP観戦 TOPへ戻る

さあー、いよいよ決勝のスタート。
否応なしに盛り上がる!
全身を突き抜ける排気音が更に興奮させる!
V・ロッシは4番スタート。周回するごとに順位を上げて
7周目でトップに立つと、グングン差を広げてゆく。
フランス語の場内放送は聞き取れないが、
V・ロッシのことばかり言っているようだという
ことだけは分かった。ことあれば
「○×△■☆バレンティーノ〜〜〜、ロッシ〜〜〜!
(バレンティーノ〜のところでため、ロッシ〜で叫ぶ)」
てな、具合で何度も盛り上がる。
しかし中盤の16週目あたりにさしかかると、
コースの一部で雨が降り出したらしく、
ホワイトフラッグが振られる。
ウェット宣言だ!ドキドキ。
結局、ライダーたちはドライタイヤのまま走行を続け、
5番手スタートで一時11番手まで順位を落とした
J・ロレンソ(ヤマハ)が、気づけば2番手にいた!
さらに、さらに!テック3(ヤマハ)の
C・エドワーズが3番手にいるじゃない!これは〜?
もしかしたら〜!?鼻血が出そうなほど興奮!
V・ロッシは首位独走、2位と10秒の差を着けて
余裕のチェッカーフラッグ。
続いてロレンソ、エドワーズと続く。
これは凄いことになった。表彰台独占じゃん!
スゲ〜!やった〜!ヤマハ、バンザ〜イ!
ロッシは先の中国GPに続いての優勝で、自己通算
90勝目を達成。ランキングもトップに浮上した。
同じく90勝の記録を持つアンヘル・ニエトと、
ともにマシンにまたがり、「90+90」の旗を
振りかざしながらコースを1周した。
実に夢のようなレースだった。初ル・マン、初MotoGPで
ヤマハが表彰台を独占した瞬間に立ち会えた。
こういうのをビギナーズ・ラックと言うのか?
(ちょっと違うか……)。
しかし、本当に良いときに来たもんだ。
こんなに楽しいなら、9月28日に日本
(ツインリンクもてぎ)で開催される、
MotoGPも行っちゃおうかな?
日本でもっとMotoGPを盛り上げましょ〜う!!

     
※サムネイルをクリックすると
 拡大画像がご覧頂けます。
前ページ次ページ

COPYRIGHT © 2008 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
COPYRIGHT © 2008 YAMAHA MOTORCYCLE SALES JAPAN CO., LTD. All Rights Reserved.