YAMAHA
ホスピタリティーブースの出入りはICカードで完璧に管理されている。

Motorcycle de French フレンチの達人 ヤマハモーターサイクルで食材探しの旅

Vol.37 食材探しツーリングスペシャル 第一話 ル・マン、MOTOGP観戦 TOPへ戻る

此処はヤマハのホスピタリティーブース。
この施設は移動式で、ヨーロッパの
各レース場で使用される。
スポンサーやチームのスタッフもちろん、
ロッシを含むライダーも、食事やミーティングを
行う憩いの場所。
料理はイタリア料理。
ヤマハブルーに統一されて
明るくカジュアルな雰囲気にしてあるが、
サービスのクオリティはもの凄く高い。
スタッフの素晴らしいサービスと笑顔は、
過酷なレースをこなすライダーやチームスタッフを
癒してくれることだろう。
世界一のタイトルを目指すべく戦う環境が
整っているわけだ。流石だね。
リラックスムードでくつろいでいると、レストランの
クロアチア人シェフ、ニキさんが挨拶に来てくれた。
私たちのためにスペシャリテを作ってくれるという!
贅沢に使ったパルメザンチーズのケースにサフランの
クリームソースのタリアテッレ。
見た目もとても美しい!とても美味そうだ!
早速頂きます。
お腹ペコペコだったし、ツルツルパクパク、食が進む。
美味いのなんの!タリアテッレの麺のコシと
モチモチ食感がたまらない。
そしてサフランのクリームの風味が良いこと!
パルメザンチーズのケースもパンチがあって大満足!
作り方も教えていただいたので、詳しいレシピが
知りたい方は、『レタスクラブ』のHPで
6月11日に公開される予定です。

 
※サムネイルをクリックすると
 拡大画像がご覧頂けます。
前ページ次ページ

COPYRIGHT © 2008 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
COPYRIGHT © 2008 YAMAHA MOTORCYCLE SALES JAPAN CO., LTD. All Rights Reserved.