YAMAHA
ル・ヴュー・マン(Le vieux mans)は、町中にある旧市街。

Motorcycle de French フレンチの達人 ヤマハモーターサイクルで食材探しの旅

Vol.39 食材探しツーリングスペシャル  第三話 TMAXで走り抜けた、フランスの庭園、美食の里ロワール その2 TOPへ戻る

『24時間耐久レース』や『MotoGP』で日本人にも
馴染みの深いフランスの地方都市 ル・マンは、
パリからTGVで1時間、南西に200kmほどに位置する
ロワール地方 、サルト県の県庁所在地だ。
11〜15世紀に建てられたサン・ジュリアン大聖堂を
中心に広がるル・マンの街には、「Le Vieux Mans」
と呼ばれる旧市街があり、14世紀後半に建てられた
昔ながらの家々や石畳の通路が残され、
数々のフランス歴史映画の撮影場所としても
有名なところ。
実際、私が訪れた時も映画の撮影が行われていた。
サルト川の岸には、3世紀に建設されたローマ建築の
城壁と12の塔と門が一つ残っており、
1700年前からここ、ル・マンに立ち続ける
フランス唯一の遺跡となっている。
街の中心部には様々なブティックや
カフェ、レストランが立ち並び、
複雑に入り組んだ旧市街をバイクを
降りて散策するのも楽しいよ。

※サムネイルをクリックすると
 拡大画像がご覧頂けます。
前ページ次ページ

COPYRIGHT © 2008 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
COPYRIGHT © 2008 YAMAHA MOTORCYCLE SALES JAPAN CO., LTD. All Rights Reserved.