YAMAHA
『GEAR』の大きな荷台のおかげで、
荷物の積み降ろしがラクラク。撤収もあっという間だ。

Motorcycle de French フレンチの達人 ヤマハモーターサイクルで食材探しの旅

Vol.45 ぶらり一人旅 九州その1 〜しまなみ海道・阿蘇編〜

◆ 3日目 その1

6時起床。昨夜、のんびり浸かった伯方の塩工場隣の
マーレ・グラッシア海水の湯の効果か、
体調はすこぶる良好だ。
恒例の朝の散歩で海岸を歩く。
瀬戸内の海や島々は本当に美しい。朝の静寂さの中、
滑らかな海面に空と雲が映る景色を見て、
またここに来たいなと思った。
それにしても、昨夜の寿司屋でいただいた
鯛のお頭のお吸い物、おいしかった〜。
瀬戸内の海の旬を堪能できた。

本日の予定は、しまなみ海道を今治まで戻り、松山を
抜けて、八幡浜か佐多岬からフェリーで九州に渡る。
後は考えていない。
せっかくだから、キャンプ地の大三島から
多田羅大橋だけ渡ってUターン。
島々を堪能しながら今治まで戻る。
朝市の魚屋に立ち寄ったり、石屋を見物したり、
プチ観光。
特産のレモン畑は鈴なりのレモンが
それはそれは見事だった。
小さく思える島も、のんびり走ると
意外に大きく、驚くほど山深い。
細い路地の懐かしい風景や島の人との会話の中から、
土地の歴史と素顔が見えてくるのが楽しい。
小排気量の旅のなせる技かな?
2年前の東北の春旅は桜を追いかける旅だったが、
今回の春の旅は花に迎えられる旅だ。
そう思えるほど、しまなみの島々は至るところで
様々な花が咲き、自然が豊かだった。

   
※サムネイルをクリックすると
 拡大画像がご覧頂けます。
前ページ 次ページ

COPYRIGHT © 2009 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
COPYRIGHT © 2009 YAMAHA MOTORCYCLE SALES JAPAN CO., LTD. All Rights Reserved.