YAMAHA
私の旅は朝一番の景色が重要。今朝の景色は合格だ。

Motorcycle de French フレンチの達人 ヤマハモーターサイクルで食材探しの旅

Vol.46 ぶらり一人旅 九州その2 〜南九州・紀伊半島編〜

◆ 5日目 その1

暑い!そして眩しい!
腕時計で時間を確かめる、7時過ぎだ。
日差しでテントの中は軽い蒸し風呂状態。
汗ばんで目覚めた。
とりあえずペットボトルの水を
ゴクゴク飲み干して水分補給。
昨夜はハードな夜だったから眠りも深く、
不思議と疲れがたまった感じもしない♪
テントの入り口にはクローバーが咲き、
清々しい感じだ。
結露で濡れたテントを朝日に干し、
その間に荷造りをする。
今日はいよいよ鹿児島入りだ!
本日中に九州最南端、佐多岬まで
たどり着くつもりだが、
いつもの如く行き当たりばったりだから
予定は未定って事で♪

走り出すと、2時間程で錦江湾に浮かぶ
美しい桜島の姿が見えて来た。
気分は一気にハイテンション!
思いっきり盛り上がる。
活火山らしく噴煙を上げているものの、
穏やかな表情を見せている桜島を眺め、
しばし休憩。
確か3月に爆発的噴火があったと
ニュースで見たから、ちょっと怖い気もするが…。
鹿児島で生活をする人たちにとっては
日常的な事なのだろうか?
火山灰をかぶる体験はしたことがないが、
大変なことに違いない。
それでも、この山と一緒に暮らすことは、
それ以上の魅力があるのだろう。
ポカポカ陽気の日差しを浴び、
そんな想像をしつつ山裾の集落を眺める。

再び走り出し、鹿児島市内を
抜けた頃から睡魔に襲われる。
信号で止まるたびにストレッチしてもダメ。
妙に眠い。
やはり疲れがたまっているのだろうか?
こんな時は無理せず、寝てしまうに限る!
いい感じの公園を見つけた!
しばしお昼寝タイムだ。
横になって20分ほど熟睡。
すぐ眠ることができるのも私の得意技だが、
起きてすぐ動き出せるのも得意である。
気分もスッキリ、再スタートだ!

※サムネイルをクリックすると
 拡大画像がご覧頂けます。
次ページ

COPYRIGHT © 2009 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
COPYRIGHT © 2009 YAMAHA MOTORCYCLE SALES JAPAN CO., LTD. All Rights Reserved.