YAMAHA
昨夜の船の揺れはたまらなかった……。
今朝は波も穏やかで、晴れ間も見えてきた♪

Motorcycle de French フレンチの達人 ヤマハモーターサイクルで食材探しの旅

Vol.46 ぶらり一人旅 九州その2 〜南九州・紀伊半島編〜

◆ 7日目 その1

今朝は波もおさまり、甲板に出ると雲は多いが
晴れ間も見えるお天気。予報は雨マークだが??
無事、大阪南港に到着。
下船し、今日の予定を考える。
気持ちとしては、紀伊半島をぐるっと
一周したいところだが、お店のことを考えると、
行きと同じく奈良を抜ける無難なルートを
戻るべきか?迷いに迷う。
が、とにかく走って和歌山に着いた時間で
判断しよう!ということに。

和歌山に着く頃、とうとう大粒の雨が降り出した。
ファミレスの駐車場に避難し、そのまま朝食をとる。
地図とにらめっこしながらどうすべきか、再度迷う。
だがしかし「無難な旅なんて、私の旅じゃないや!」と
自分の原点に返り
「どうせなら那智の滝を見に行こう!」
ということで、紀伊半島一周コースに決定!
シトシト雨の降る中、再スタートを切る。

走り始めてすぐに小さなガソリンスタンドに立ち寄った。
『GEAR』はガソリンタンクが大きいので、
こういった長旅でも、とても安心で楽だ。
スタンドのおじさんに勝浦辺りまでの
所要時間を聞くと、またまた軽く5〜6時間は
かかるとの返事。
このおじさん、とても誠実な方でプライドを持って
仕事をしているのが伝わって来る。
リアブレーキを調整し、各部を軽くチェックし、
挨拶をして走り出すとき
「気をつけて、良い旅をしてください」と言って
見送ってくれた。
心の込もったその言葉に、ものすごく
元気が湧いてきた!
人への接し方や言葉の力ってすごいね。
ありがとう、おじさん!!

雨脚はますます強まりどしゃ降りの中、
「那智の滝を写真に収めたいから、
 何とか明るいうちに着きたい!」
そんな思いで走り続ける。
この雨は台風一号の影響のようだ。
長雨は辛いが、おかげで空の風景を
楽しませてもらった。
幻想的な空に魅せられ、何度も『GEAR』を停めて
見入ってしまった。

     
※サムネイルをクリックすると
 拡大画像がご覧頂けます。
前ページ 次ページ

COPYRIGHT © 2009 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
COPYRIGHT © 2009 YAMAHA MOTORCYCLE SALES JAPAN CO., LTD. All Rights Reserved.