YAMAHA
初代『VMAX』が誕生してから24年。その歳月は静かに、そして熱く流れ…。
いま、その沈黙を破り新たな伝説が誕生した。ニュー『VMAX』。

Motorcycle de French フレンチの達人 ヤマハモーターサイクルで食材探しの旅

Vol.47 富士レインボー。駿州大宮に本物のニジマスの味を知った旅

出発は朝7時。
今日は日帰り、往復で350キロ程の
ツーリングだからお気軽である。
そして新型『VMAX』に「はじめまして!」
うひょ〜〜!これは凄い!!大迫力だ!
いゃ〜、もの凄い!!カッコイイ!スッゲー!
……と、見た瞬間から唸りっぱなしである。
『VMAX』のファーストインパクトは想像以上だ。

さて、早速身支度を整えイザイザ!
走り出してすぐにいきなりの通勤ラッシュ……。
しまった!今日は平日だった(取材は日曜日が多いので)!
もう少し早く出発すべきだったと反省。

しかし!快適なのだ!『VMAX』!
取り回しがとにかく良い、重さを感じさせない、
低速域の安定感はもの凄くドッシリしていて、
なおかつ軽快♪

浜松ICより東名高速で富士ICまで移動。
『VMAX』の怒濤の加速と路面に吸付くかのような
直進安定性を、バッチリ楽しむことができた。


途中、富士川SAでブレイク。
コーヒーを片手に『VMAX』を眺めながら、
走りの余韻に浸る。
ワープしているかのような加速感は、
私が今まで体験したことのない感覚。
見てくれの迫力とは裏腹な、
バイクとしての扱いやすさ、
「押さえどころはすべて押さえてある」といった、
開発者たちの自信が表れた完成度の高さを
感じずにはいられない。

性能やテクノロジーは然ることながら何より美しい。
これはもう芸術作品の域だね。

     
※サムネイルをクリックすると
 拡大画像がご覧頂けます。
前ページ 次ページ

COPYRIGHT © 2009 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
COPYRIGHT © 2009 YAMAHA MOTORCYCLE SALES JAPAN CO., LTD. All Rights Reserved.