YAMAHA
一番結晶。少量しかできない美しい塩、綺麗だね。

Motorcycle de French フレンチの達人 ヤマハモーターサイクルで食材探しの旅

Vol.50 男が熱い!塩がうまい!『R1』で行く夏の九州

『またいちの塩』を味見させてもらった。
ふくよかな塩味の後にさまざまな味が重なってくる。
口の中に海が広がる感じ。
この感覚はとても楽しい。
自然の豊かさがハーモニーを奏でる味に
思わずニンマリ。
長い日数をかけているが、その行程は瞬間芸の連続、
まさしく職人の世界。
平川さんも納得のいく美味しい塩を作るため
試行錯誤を繰り返して来た。
薪の種類や火加減、海水の味だって毎回変わる、
天気や湿度も変わる。
この場所で塩を造り始めて約10年、
先人達の技術や製法は多々あるものの、
やはり造り手の気持ちが味に表れるはず、
スタッフ皆の気持ちが揃っているからこそ皆が喜ぶ
“究極の塩”が出来るのだろう。
決して効率的でも楽でもない塩造り、
この素晴らしい“またいちの塩”を
これからも造り続けて欲しいものである。
また再び立ち寄りたい場所が出来た、
次回訪れるのが楽しみだ。
話を聞けば、平川さんも和食の料理人なのだとか、
何となく納得だ。

   
※サムネイルをクリックすると
 拡大画像がご覧頂けます。
前ページ 次ページ

COPYRIGHT © 2010 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
COPYRIGHT © 2010 YAMAHA MOTORCYCLE SALES JAPAN CO., LTD. All Rights Reserved.