本文へ進みます


特長紹介:ドラッグスター400

MENU

低く長いローダウンフォルム。
ゆったりと、しかし軽快な走りが主張する、確かな存在感。
DragStarシリーズの原点。それがDragStar400。

1インチハンドルバーにバターナイフ型サイドスタンド、
そしてタンクオンメーター。
クロームメッキをほどこしたシリンダーヘッドカバー、
シャフトドライブなど、随所にクオリティ感あふれるパーツを装着。
空冷Vツインならではの鼓動感に、力強い加速と
クルージングでのゆったりとした走行フィーリング。
DragStarの存在を世に知らしめた原点、DragStar400。

01ハイクオリティなパーツ

ハイクオリティなパーツ

1インチハンドルバーにバターナイフ型サイドスタンド、そしてタンクオンメーター。クロームメッキをほどこしたシリンダーヘッドカバー、クランクケースカバー、シャフトドライブなど、随所にクオリティ感あふれるパーツを装着。さらにイモビライザー(盗難抑止装置)をはじめ、オド/トリップ1/トリップ2/時計が切り替え表示できるデジタルメーターを装備した。

02ローダウンフォルム

ローダウンフォルム

DS共通の三角形を描くダブルクレードルフレーム。エンジンのVバンクを70°としてエンジン高を低くした上で、フレームの前輪寄りにエンジンをマウント。これにより、車高を低く抑え1,610mmというロングホイールベースの大柄な車体を実現。同時に660mmという低シート高としている。

03空冷・SOHC・2バルブ・Vツインエンジン

空冷・SOHC・2バルブ・Vツインエンジン

優れた始動性、そしてドライバビリティ。また走りとともに、環境にも配慮※している。空冷Vツインならではの鼓動感、力強い低中速域のパワー特性とフラットなトルク特性が、力強い加速とクルージングでのゆったりとした走行フィーリングをもたらしている。さらに長年培ってきたシャフトドライブ機構が、心地よい走りはもちろん、メンテナンスの省力化もあわせて実現している。

平成19年度国内排出ガス規制に適合

04こだわった足回りの設計

フロント周り
リア周り

リアはリジッドに見えながらも、車体下には定評あるモノクロスサスペンションを装着し、路面からの衝撃を吸収・緩和している。また、ロングホイールベースながらもキャスター/トレールの最適なセッティングによって、低速から高速まで安定感のある、かつ軽快なハンドリング特性を獲得。タイヤは、フロントに19インチ、リアに15インチを装着。ブレーキは、フロントに外径298mmのシングルディスクと異径2ポットキャリパーを装備。リアにはフットブレーキを多用するクルーザーの走りに合わせて、大径ドラムブレーキを装着している。

05カラーリング

ブルーイッシュホワイトパール1(ホワイト)

ブルーイッシュホワイトパール1(ホワイト)

DS4誕生から20年を記念し、3モデル共通カラーをラインナップ。
ホワイトをベースにブラックのフレアパターン、ロゴをゴールドであしらった。

マットグレーメタリック3(マットグレー)

ブラックメタリックX(ブラック)

エンジン/足周り/メーターカバーなどをブラックで引き締め、グロスブラックの立体エンブレム&ストライプ採用。ヴィンテージテイストを全身でアピール。

ページ
先頭へ