本文へ進みます


特長紹介:マジェスティ

MENU

走りが、機能が、たたずまいが、
美しく上質なビッグスクーターです。

ビッグスクーターのカテゴリーに、
“スポーツセダン”という世界観を提示してきたマジェスティ。
ヤマハが追求する「人間の感性に訴えるモノ創り」の視点から、
気持ちよく走ることの悦びを、つねに鮮明にカタチにしてきました。
なめらかなエンジンフィール、意のままに扱える自動変速システム、
そして美しいフォルムと先進の発想から生まれたイクイップメントの数々。
すべてが、上質かつ洗練された充足感に満ちています。
「スポーティ」や「快適」という言葉では語りきれない、
マジェスティならではの豊かなパフォーマンス。
プレミアムスポーツと呼べる確かな価値が、そこにあります。

01そのデザインは、シームレス&ローシェイプ。

シームレス&ローシェイプなデザイン
シームレス&ローシェイプなデザイン
シームレス&ローシェイプなデザイン

カウルからテールエンドまで、ボディパーツを同色にカラーリング。質感豊かなマットチタンのモールで包み込んだセンターコンソールと一体化した造形は、まさにシームレス。
ブラックで統一されたメカニズムパーツとのコントラストが、いまにも走りだしそうな躍動感を、スタイリッシュに表現しています。さらに、タンデム用フットレストを張り出しの少ないステップタイプにするなど、スリムかつスマートなローシェイプデザインを実現。
ディテールまで丹念につくりこんだプレミアムな感性が、その全身に宿っています。

02便利さ際立つスマートキーシステム。

スマートキーを身につけて近づくと、自動的にIDを認証してオーナーを識別。車両のメインスイッチを押すだけで電源ONとなり、ハンドルロックが解除されます。ID照合圏内※1では、メイントランクや左側フロントトランク、フューエルリッドのロック解除もワンアクションで行えます。さらに、離れた場所からも、スマートキーのスイッチ操作※2でメイントランクのロック解除やアンサーバック機能が利用できます。

植込み型心臓ペースメーカー等の医療用電気機器をご使用の方へ。本システムの電波により医療用電気機器に影響を及ぼす可能性があります。車載アンテナ約22cm以内に植込み型心臓ペースメーカーが近づかないようにしてください。詳しくは販売店にお問い合わせください。
※1
スマートキー照合の作動範囲はハンドルの中心より半径約0.8mです。
※2
スマートキーのスイッチ操作で遠隔操作できる範囲は、半径約5m以内。盗難防止のために作動範囲にあるときは、車両の管理にご注意ください。
状況により作動範囲は変化します。

03上質感あふれるカラーリング。

ワイルドでセクシーな印象が目を引く「ブラックメタリックX」(ブラック)。軽快でスポーティなイメージが際立つ「ブルーイッシュホワイトカクテル1」(ホワイト)。落ち着いた色調ながら磨き抜かれたセンスと個性が光る「ベリーダークオレンジメタリック1」(ブラウン)を新たにラインナップしています。

04収納力に優れたデュアルオープンシート。

トランクルーム
フロント両サイドの収納ボックス

シートの下には、前後長107cm、容量約60リットルのゆったりとしたトランクルーム。フルフェイスヘルメットを2つ入れても、まだまだ余裕があります※。しかも、フロントシートが前方に、リアシートが後方に開くデュアルオープンタイプ。全開するとトランク内がすべて見渡せ、荷物の出し入れも容易。リア側にはシートが突然閉まるのを防止するロック機構も装備しています。さらに、開閉機構に極小油圧ダンパーを採用するなど、利便性だけでなく、プレミアム感あふれる操作フィーリングにもこだわっています。

トランクには熱の影響を受けやすいもの、こわれやすいもの、貴重品は入れないでください。また、収納物の形状・大きさにより収納できない場合があります。ご購入の際、ご確認ください。収納部内の内容品は付属されておりません。

05バッテリー上がりを防ぐアラームを装備。

給油口
開閉ボタン

アイドリング状態でサイドスタンドを下げると、自動的にエンジンが停止。このとき5秒間アラームが鳴り、スイッチを切り忘れないよう注意をうながします。

06クラスを超えたエンジン・パフォーマンス。

エンジン

マジェスティの水冷・単気筒・4バルブ・249cm3エンジンは、オートマチックでの走行に特化し、中低速域のパフォーマンスを重視。軽快かつスムーズな走りを「DRIVEモード」で引きだします。さらに、FI(フューエルインジェクション)の最適化で、ライダーの意志に俊敏に応えるリニアなレスポンスを実現。加えて、メッキシリンダーやアルミ鍛造ピストンの採用によるフリクションロスの低減、独自の防振理論を応用したエンジンマウントなどにより、いちだんとクオリティの高い走行フィーリングを生み出しています。また平成18年国内排出ガス規制に適合しています。

07先進的な変速システム、YCC-AT。

I-Sスイッチ
Modeスイッチ

スポーツバイクのような走りをオートマチックで実現する。それが、YCC-AT(ヤマハ・チップ・コントロールド・オートマチック・トランスミッション)。スムーズに走れ、かつ燃費性も考慮した「DRIVEモード」、パワーバンドを活かしたリニアな走りが楽しめる「ASSIST Iモード」、「ASSIST IIモード」の3つの走行モードが、ハンドル右のMODEスイッチで選択できます。さらに、ハンドル左のI-Sスイッチで意のままにシフトダウンできる「I-Shift Down(インテリジェント・シフト・ダウン)」機能も搭載。「ASSIST IIモード」選択時には、「I-Shift UP(インテリジェント・シフト・アップ)」機能で、マニュアルを思わせる有段的なシフトアップの加速感も味わえます。オートマチックの世界に新たな道を拓いた革新のメカニズム。初めてでも違和感なく操作でき、使うほどに多彩な走行パターンが引き出せます。

走行モード 特性 I-Shift Down
DRIVE
モード
軽快な走行性と燃費性を考慮したモード。
全領域でスムーズかつ快適な走行性能を発揮。
減速や加速など、全モードでライダーの意思に応える走りをサポートするシフトダウン機能。
一度の操作で最大5段階まで※シフトダウン可能。
ASSIST I
モード
エンジン回転数をDRIVEモードより高めに維持。
加速やエンジンブレーキが得やすく、キビキビとした走行を実現。
ASSIST II
モード
ASSIST Iモードの変速比特性に、I-Shift UP機能を追加。
すばやいアクセル操作により、シフトダウン後、自動で有段的にシフトアップしていく加速感が得られる。
I-Shift Downの操作は、一度に最大5段階まで可能です。走行モード・アクセル開度・車速・エンジン回転数の条件によって一度に操作できる段数は減少します。

08振動を抑え込むプログレッシブピボットマウント構造。

プログレッシブピボットマウント構造

一般的なビッグスクーターは、防振リンクを介してエンジンを車体に懸架しています。しかし、マジェスティは、エンジンを車体フレームにダイレクトにマウント。ヤマハ独自の防振理論を用いて、振動によるエンジンユニットの動きを最適制御しています。これにより低重心化を図り、収納スペースや足着き性といった実用機能を向上させながら、コーナリングやレーンチェンジ、タンデム走行時などでの優れたハンドリング特性を獲得しています。

09操安性と快適性を両立するサスペンションシステム。

ロッド径14mmのモノクロスサスペンション

リアには優れた減衰性能を発揮するロッド径14mmのモノクロスサスペンションを搭載。操縦安定性を確保しつつ、その構造上、収納性の向上にも貢献しています。フロントには、インナーチューブ径33mmのフロントフォークを鍛造アンダーブラケットにマウント。剛性の高さを実現するとともに、安定性とニュートラルなハンドリング性能を高い次元でバランスさせています。

10スマートな走りを生むタイヤ&ブレーキシステム。

フロントタイヤ&ディスクブレーキ
リアタイヤ&ディスクブレーキ

フロントタイヤは110/90-13を、リアにはワイドな140/70-12を採用しました。ホイールは軽量な6本スポークタイプのアルミ製キャストホイール。
ブレーキシステムは、フロント・リアとも制動力に優れたディスクブレーキです。ブレーキレバーにはライダーの好みに応じてポジションを5段階に調整可能なブレーキアジャスターも装備。これらが、どんなときでもスマートな、マジェスティならではの走りを支えています。

ページ
先頭へ