本文へ進みます

特長紹介:SR400 Final Edition

MENU

ともに、43年。

およそ半世紀にも及ばんとする、その年月を。
一言で語り尽くす事など、とても出来ようもない。
祖父から父へ、さらに父から子へと。
脈々と受継がれてきた悦びと確かな証が、
ここに、そのまま在るのだ。

ビッグシングルならではの心地良い鼓動感で。
数多のライダーを魅了し、
そして今も魅了し続けているオートバイ「SR」。
それは、オートバイの持つ根源的な悦びを
ダイレクトに伝える、希有な存在だ。
SINCE1978。
伝統と伝説に彩られた最後の一頁を飾る、
珠玉の一台、SR Final Edition。
いま、あなたのもとへ。

01空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ・
単気筒・フューエルインジェクション搭載エンジン

単気筒・フューエルインジェクション搭載エンジン

ビッグシングルならではの豊かなトルクと、低・中回転域での力強い鼓動感。空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ・単気筒・フューエルインジェクション搭載。

02ダークグレーとブルーの2色展開

ダークグレーとブルーの2色展開<

ダークグレーは、洗練された存在感とクールなイメージを追求。ブルーは、親しみやすく、温もりを感じさせるカラーリングで軽快な印象をアピール。

03クロームメッキの仕上げのフェンダー

クロームメッキの仕上げのフェンダー

クロームメッキ仕上げのフェンダーに、クラシカルなムードを醸しだすメーター。それは輝きと質感にこだわる、SRの徹底した美意識の証。

04伝統とモダンを融合、SRロゴを彩る新デザインのサイドカバー。

新デザインのサイドカバー

ダークグレーはシンプルなエンブレムで、ブルーは個性的なグラフィックで全体をあしらった。

05キックスタートはライダーがSRと対峙する、いわば「目覚めの儀式」

キックスタートはライダーがSRと対峙する、いわば「目覚めの儀式」

デコンプ機構で無駄な力を使わず、効率的にエンジンを始動できる。

06時とともに熟成を重ね、こだわり続けてきたのは「SRらしさ」。

時とともに熟成を重ね、こだわり続けてきたのは「SRらしさ」。

こちらのモデルもチェック

ページ
先頭へ