本文へ進みます

特長紹介:SR400 Final Edition Limited

MENU

43年分の、特別。

何より楽しく、そして美しい。
ひとたび走り出せば、
そのビッグシングルならではの心地良い鼓動感が。
街で、またワインディングでも思う存分楽しめる力強い走りが。
さらには、週末の朝、ガレージで。
時にはゆっくりと、静かに対話を重ねる時も、また愉しい。

オートバイの原点とも呼べるシンプル、かつ美しいスタイリング。
それは数多のライダーを魅了し、そして今も魅了し続けている。
SINCE 1978。
ここに、特別の装いを纏った、まさに43年分の「特別」なSR。
伝統と伝説に彩られた最後の一頁を飾る、
珠玉の一台、SR Final Edition Limited。
いま、あなたのもとへ。

SRが「SR」であり続けるために
ヤマハ魂の伝承。

“ヤマハ魂の伝承~宿る技術・技能、そして魂を永久に”を開発コンセプトに。初期モデルの1978年から長きに渡り培ってきたSRの世界観・ブランドをこの先も残し、受け継いで行くため、いかに魂を織り込み、お客さまに提供していくかを常に考えながら、SR400の開発は進められてきた。“ヤマハ魂の伝承~宿る技術・技能、そして魂を永久に”を開発コンセプトに。初期モデルの1978年から長きに渡り培ってきたSRの世界観・ブランドをこの先も残し、受け継いで行くため、いかに魂を織り込み、お客さまに提供していくかを常に考えながら、SR400の開発は進められてきた。

01変えられないところ、変えるべきところ

シングルエンジン

40年以上作り続けてきたSRは、法規対応や時代のニーズに応えながら、変えるべきところは変えていかなければならない。だが、どうしても変えられない部分がある。たとえば、キックスタートへのこだわり。セルスタートではなくデコンプレバーを握って、思い切りキックを踏み抜いてエンジンをかける。この儀式こそがSRの魂でありアイデンティティである。ビッグシングルならではの豊かなトルクと、低・中回転域での力強い鼓動感を味わえるエンジンは、一方では空冷ならではの、整然と並ぶ冷却フィンが造形美を醸し出している。さらにフレームパイプの一部をオイルタンクとして活用し、エンジン全高を抑え、シングルエンジン本来のスリムさを活かした美しく軽快なボディは変わることなく継承されている。

本文中の画像の一部は現行モデルのものではありません。

02技術と技能の伝承

サンバースト塗装が施されたタンク。複雑な曲線を持つエキゾーストパイプ。クロームメッキ仕上げのマフラー。さらにクリア塗装のクランクケースカバーや、アールが美しく複雑な折り返しの縁をもつメッキフェンダーなど。SRにはクラフトマンシップにあふれる数々のパーツが欠かせない。車両の組立も、全ての組立工程を二人一組で行うセル生産方式。そのため生産現場では“匠人財制度”を設け、組立作業者の一人一人が日々、能力を磨き続けてきた。

03【エキゾーストパイプ】

エキゾーストパイプ
エキゾーストパイプ

SRのエキゾーストパイプは、フレームを避けるように複雑な曲線を持ち、しかも今となっては珍しいスチール製のメッキタイプ。ベンダーなどの大型機械を使用するが、職人の手を要する工程も数多く存在する。パイプは3重管を使用し、材質は一番外側のみスチール。内部は錆を防止するためにステンレス製。このパイプのなかに、曲げ加工を施したときにパイプが潰れてしまわないように砂を詰め、栓をした後にベンダーという機械で一気に曲げる。合計3回の曲げ加工を行い、エキゾーストパイプの形を決定する曲げの工程は終了。曲げ加工を終了したエキゾーストパイプは、栓抜き、砂抜き、内部洗浄を終了した後、その両端の内部を広げ3重管を固定する。この作業は、職人の手で微妙に角度を調整しながら行われる。両端の内部を広げたパイプは、その内部を機械によって溶接する。しかし、その仕上がりの確認と外側の溶接も、職人の手によって行われる。その後、水圧によって内部に漏れがないか検査を行う。最後は完成型に合わせたジグに装着し、その角度やフレームの逃げ位置が正確な場所にあるかチェックを行う。ここにも職人の厳しい目が光り、徹底的に検査される。

本文中の画像の一部は現行モデルのものではありません。

04SRらしい心地良い音色・鼓動感

SRらしい心地良い音色・鼓動感

そもそも“SRらしい良い音”とはどういうものなのか。まず、過去のキャブレター仕様から2016年モデルのフューエルインジェクション車両まで、膨大な量のマフラー音を聞き比べてみた。その結果、キャブレター仕様の1台を最も“SRらしい音”と設定した。さらにこの排気音の解析結果により「音量が少し大きい方が聞こえが良く」「ビッグシングルらしい低音があり」「歯切れのいいサウンドだと心地良い」ということがわかった。つまり「音量」「低音」「歯切れ」の3要素が導き出されたのだ。その3つの要素を織り込んで、SRらしさを感じられる排気音を目指した。マフラーの外見はこれまでとほぼ変わっていない。だが目には見えない中の構造を大幅に変えることで、規制に対応しながら、これがベストと思える排気の音色にチューニングしている。SRらしい音色を決定する作業は、感性の部分。まさにヤマハが最も大切にしているところだ。

本文中の画像の一部は現行モデルのものではありません。

05【クランクケースカバー】

クランクケースカバー

SRのクランクケースカバーは、今となっては数少ないクリア塗装仕上げ。しかしクリア塗装が最終仕上げとなる以上、その手前の素材の輝きが命となるが、この輝きは全て職人の手による。磨きの作業は大型のグラインダーに研磨用のバフを装着し、そこにケースカバー表面を押しつけて行う。といっても、ただじっとしているわけではなく、凹凸のあるケース表面を均すため、常に動かしている。しかも高速で回転するバフにケースが引っ張られ、かなりの力も必要だ。バフが当たるケース表面をこまめに確認しながら、じっくりと仕上げていく。さらに凹凸の多いSRのクランクケースは、どんなに角度を変えてもバフが届かない部分ができる。そこで、その細部を下磨きするために小回りの利くリューターを使用する。細かいところだけに、磨き残しを作らず、しかも均一に磨くのには熟練の技を必要とする。リューター処理が終わったら、再びグラインダーとバフを使い、下磨きを進めていく。どの番手のバフを使って、どの程度まで仕上げるかは、その日の天候や鋳造されたケースカバーのコンディションによっても変わってくる。それを見極めるのは、やはり長年の経験によって培われた人間の目と手の感覚だ。最終磨きの工程では、通称"サイザル"と"プリーツ"の2種類の磨きを、大小それぞれのバフで行うため、結果4種類の磨きが行われる。大小2種類のバフを使うのは、より細かい場所にもバフを行き届かせるため。この工程に入ると、ケースカバーはいきなり輝きを増し、最終的には鏡のような仕上がりとなる。しかし、ただ強く長くバフを当てれば輝きが増すのではない。バフにケースを当てては確認する、という作業が延々と繰り返されるのである。

本文中の画像の一部は現行モデルのものではありません。

06【サンバースト塗装】

サンバースト塗装01
サンバースト塗装02

タンク塗装もオートメーション化が進み、システムアップされた機械によるものが殆どだが、「サンバースト塗装」に関しては昔ながらの、職人の手による塗装が行われる。まず塗装前のタンクには、塗料がしっかりと定着するための被膜化成処理が行われ、その後タンク全体に基本色を塗装する。作業は全てマシン毎にセットアップされた機械で行われるものの、タンクをはじめとする塗装パーツは複雑な曲面で構成されているため、細部の仕上げは職人の手によって入念に塗装される。次に、タンクサイドのボカシ塗装のためのマスキング処理を行う。台座の上でタンクを回転させながら、ビニール付のマスキングテープで塗装しない部分を覆っていく。直線的なテープをラインに合わせて曲面に変えていくその作業は、まさに職人技だ。続いてマスキングされていないタンクの左右部分にボカシ塗装を行う。ここでの作業は、全て職人による手作業。使用するのは汎用ラインではなく、手吹き塗装専用の個別ブースを別に設置している。さらに塗装担当者も、手吹き塗装専任。時間をかけ、丁寧にベースカラーとボカシという二つの塗装行程を職人の手で行うため、できるのは一日に5台が精一杯。サンバースト塗装の美しさは、このような職人たちの豊富な経験と高度な技術があってこそ、初めて可能となるのである。

本文中の画像の一部は現行モデルのものではありません。

07素材へのこだわり

「ヘッドランプのレトロなガラスレンズを、プラスチックに変更するべきか」。それは、大きな議論であった。だが最終的には「ガラスのヘッドランプは、SRのアイデンティティの一つである」という結論になった。SRユーザーはもちろん、SRに期待し、憧れ、あるいはファンである多くの方々の存在。そのためにも、ガラスレンズにこだわって作り続けてきた。

08【スチールフェンダー】

機能パーツでありながら、スタイリングを決める外装パーツでもあるフェンダー。SRはデビュー以来、ずっとスチール製のメッキフェンダーを採用している。作業はまず直線的な鋼板を、曲面で構成されたプレス機の金型にセットすることから始まる。1回のプレスでその仕上がりの良し悪しが決まってしまうために、簡単に見えるが熟練の技を必要とする。次に最初の金型をセットした同じプレス機に、フチを切り離す金型を同時にセットし、最初のプレスで出来上がったフェンダーから余分なフチを切り離す。フェンダーらしくなった湾曲した鋼板の反対側には、余分な鋼板が積み重ねられていく。この時も、製品に傷が付いていないかが入念にチェックされる。ゴミの混入は製品を傷つけてしまうほか、金型にもダメージを与えてしまうため、常に注意が払われている。フレームに装着するための穴やテールランプ用などの穴開け加工も、プレス機を使って行われる。このあと配線を束ねるステーなどの溶接作業を行い、さらにその溶接跡を平らに均すなど、職人の手による作業が続く。フェンダーは、オートバイのスタイルを決める上で重要なパーツであり、中でも、SRのフェンダーが特に美しいといわれる所以でもある。

09SRらしさとは時間をかけて培っていく“愛着”

SRは空冷・単気筒で、オートバイの原点を体現し続けるモデル。それを表現するとはどういうことなのか。答えがあるようでなく、人それぞれ色々な解釈があって、それ自体がまさに40年以上続くSRらしさでもある。どんなカラーリング、デザインで表現したらSRの良さを届けられるのか、と考えていく中で自然に生まれてきたのが“愛着”という表現だ。その“愛着”が沸いていくために欠かせないのが、“飾りすぎない”、“完成しすぎない”ということ。SRらしい基準をクリアしたところでとどめておいて、あとは自分自身が色々な形で入り込めるよう、お客さまがそれぞれのSR物語をつくっていけるような余白を残してデザインしている。是非たくさん乗っていただき、SRと様々な場所に出かけて思い出をたくさん作っていただきたい。時に磨いたり、眺めたり、撫でてみたり、自分ならではの楽しみ方で、永く乗っていただきたい。この先、3年、5年、10年と時が経って、お客さまがどんな物語をSRと紡いでいるのか....それを見届けていきたい。

10ブラックのサンバースト塗装を施したタンク

流麗なデザイン

職人の手作業によるため、ひとつとして同じものはない。音叉マークは真鍮製で、経年変化を楽しめる。

11ベストコーディネートを追求

ブラックのサンバースト塗装を施したタンク

ボディカラーとのベストコーディネートを追求し、前後リムには新色アルマイト(カッパーブラウン)を採用。

12本革調シートを採用

新色アルマイト(カッパーブラウン)を採用

シート天面はダークブラウン、側面はブラックとし、専用色のステッチを施している。

13メーターパネルには黒の文字盤を採用

本革調シート

タコメーターには、Final Editionの文字をあしらった。

メーターパネルは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。

14サイドカバーには、Final Editionの文字入り電鋳立体エンブレムを採用。

メーターパネル

右側のエンブレムには001から1000までのシリアルナンバーを刻んでいる。

こちらのモデルもチェック

ページ
先頭へ