本文へ進みます


VMAX ライディングインプレッション

著名モータージャーナリストが、VMAXの走行について感想を述べます。

MENU

ライタープロフィール

山田 純 (やまだ・じゅん)

かつてのモトライダー誌の編集長を経て、以降フリーの モータージャーナリストとして、専門誌やMotoGP中継の 解説等で活躍する。国内外での豊富なレース経験を バックグラウンドに、二輪の運転技術と車両解析能力 には定評のあるところ。国内では2人しかいない、 BMWライダートレーニングの講師の資格も持つ。

150馬力オーバーがもたらす
怒濤の加速感に酔いしれる。

国内仕様のVMAXは、日本の騒音規制をクリアしつつも、初代R1と同等の150馬力オーバーを実現している。しかも、こちらは排気量が1700ccもあるから、そのトルクの大きさは比較にならないほどデカイ。この低い回転で発揮されるトルクこそ、VMAXのキャラクターを形作っている最大の要素といってもいい。

ごく普通にゆっくり走り出してから、おもむろにスロットルをグイッと開けてやる。すると、VMAXは溜めていた力をやっと解放してくれたのかと言わんばかりに、強烈な加速を始める。まさしくカタパルトからはじき出されるジェット機のようだ。
VMAXのシートは、このすさまじい加速にライダーが自然と耐えられるように、まるで四輪スポーツカーのバケットシートのように腰をしっかり支えられる形に作ってある。おかげで、ライダーの腰はそのバックレストにグーッと押し付けられながら、その強烈な加速に耐えるだけでなく、楽しむ余裕さえ生まれてくる。

怒涛の加速感は、アイドリングからちょっと上の1,500rpmも回っていれば十分で、ギヤが何速に入っていようが、同じだ。

加速感は、ドカンッというよりド-ンッと引き伸ばした極太のゴムから放たれたような、息の長いフィーリング。ギヤをシフトしていくたびにこれを味わっていると、あっという間に180km/hのスピードリミッターに達してしまう。
たとえば、先代のVMAXと一緒にヨーイドンしたとすると、新型VMAXが400mに差しかかった時、先代はいくら自慢のVブーストを効かせても、約20m後方に引き離されているという。 新型VMAXは、加速の強烈さと同時に、低回転域(1,500~2,500rpm)では大排気量V4らしいパルス感があり、そこからスロットルを開けた時には、いつでもド-ンッと加速する柔らかくて大きなトルクを持っている。 そして、この大きなV4ユニットの凄いところは、回転が上がっていっても、いやな振動が出ることはなく、逆にスムーズになってタコメーターの針を押し上げていく。今回採用されたYCC-Iにより、6,650rpmを過ぎるとV4の谷間に置かれたインジェクションのエアファンネルの長さがスッと短くなり、高回転域の力強さとシャープさを引き出してくれるのだ。

巨体からは想像できない
素直で軽快なハンドリング

こうして、低中回転域でのスロットルにダイレクトかつVMAXでしか味わえない怒涛の加速感と、こんな大きなV4とは思えないシャープでスムーズな高回転域(なんと9,500rpmからレットゾーン!)の、いわば2段掛けマジックに酔いしれながらヤマハの袋井テストコースを何周もしていて、はたと気が付いた。
それは、300kgを越す巨体と、リヤに200サイズ(200/50R18)の偏平極太タイヤを履いているにもかかわらず、S字コーナーや大きなスプーンコーナーを、まるでよくできたスポーツバイクのような軽快さと安定感のまま、通り抜けていたからだ。 VMAXといえば、怒涛の加速感から想像される「直線番長的特性」だけが表に出てくるし、事実、先代の開発のイメージモチーフも0→400m加速を争うドラッグレーサーだった。 だが、新型VMAXの真骨頂は、実はその先代を大きく引き離す怒涛の加速感と、そのスタイルからは想像しにくいほどのナチュラルで軽快なハンドリングの両面を備えることに成功したことにある。この素直で軽快なハンドリングを備えたことで、新型VMAXの類稀なビッグトルクを活かし、ワインディングでさえ得意種目に加えることに成功しているのだ。コーナリング速度が速いといった、スーパースポーツの楽しさは、反面危うさも秘めている。だが、このVMAXは、コーナーを気持ちよくスムーズにクリアした後に、いつでも怒涛の加速感を味わうことができる。

つまり、コーナーが多ければ多いほど、楽しさは膨らんでいくということだ。
ステップ位置が低いから、コーナリング速度は限られる。だがそれだけ余裕が生まれてくる。ちょっと抑え気味にコーナーをいなして、立ち上がりで誰にも真似できないスロットルオープンの快感に酔いしれることができるだろう。  しかも、こいつは最新のリニア制御式ABSを備えているから、路面の変化にも安心してブレーキングすることができる。私も、試しにストレートで思いっきりブレーキングしてみたが、まるで姿勢は乱れず、このVMAXの巨体は驚くほど短い距離で止まってくれた。

ABS作動時にも、ブレーキレバーやペダルにガクガクした振動や不自然なフィードバックはなく、安心して限界まで掛けることができる。 新型VMAXは、10年もの開発期間と、一度開発がストップしたことを逆にバネに変えて誕生しただけに、開発陣の努力や思い入れが、その走りや仕上げの随所にこれでもかというほど注入されている。各部の仕上げの豪華さや高い品質は、実物を見れば誰もが納得するだろう。
今回試乗した国内仕様は、日本での走行シーンに最適化させた作り込みがなされており、逆に海外仕様では手に入らない楽しさに溢れていた。

機会を作って、是非一度試乗してみて欲しい。たとえ短い試乗時間でも、新型VMAXならば、その強烈な個性と楽しさを、すぐに体感できるはずだ。(山田純)

「モーターファン別冊 ニューモデル速報 モーターサイクルシリーズvol.1 新型VMAXのすべて((株)三栄書房:平成21年6月13日発行)」より引用

ページ
先頭へ