本文へ進みます


特長紹介:XJR1300

MENU

伝えるべきスポーツが、あります。

時に豪快に、時に繊細に。自在にマシンを操る悦び、爽快感を誰もが堪能できる、XJRのスポーツ性能。しかし、実はXJRの楽しみは、そこだけにとどまらない。
1,250cm3・空冷・直列4気筒エンジン。高張力鋼管パイプのダブルクレードルフレームに、コンベンショナルなツインリアショック。カウルレスの、ネイキッドモデル。
日本の、伝統的なモーターサイクルの典型とも呼べるこの構成に、実は「空冷」というXJRならではのこだわりが存在する。
モーターサイクルのエンジンは、単なるパワーユニットではない。車体を、そして何よりもスタイリングを構成する大切な要素のひとつである。
そこには、必然的に「美しさ」が求められるのだ。空冷ならではの、整然と、密に並んだ一枚一枚のフィンの美しさ。
大排気量・4気筒の量感を主張する、シリンダーヘッドの逞しさ。
さらに、優美な曲線を描くエキゾーストパイプがここに融合し、この美は完結する。

ふと思い立って出かけた、週末のツーリング。
何度も訪れたワインディングロードを、思い起こして欲しい。走るほどに、また、マシンと交わすコミュニケーションが深まるほどに。
ライダーは成長し、XJRもまたその能力を広げていく。そして、乗る悦びも、いっそう濃密なものとなるのだ。

011,250cm3・空冷・直列4気筒・DOHC・4バルブエンジン

1,250cm3・空冷・直列4気筒・DOHC・4バルブエンジン

空冷ならではの機能美を主張するパワーユニットは、排気量1,250cm3・空冷・直列4気筒・DOHC・4バルブ・フューエルインジェクション搭載エンジン。79.0×63.8mmのボアストローク、9.7:1の圧縮比に加え、吸気バルブの最大リフト位置角度(イベントアングル)、吸排気バルブのオーバーラップ幅(角度)を最適に設定し、吸気効率を最適化。4-2-1エキゾーストシステムともあいまって、最大トルクを6,000r/minで発揮し、低速域からの幅広いトルク特性と中低速域でのパワーを獲得している。力強い吹け上がりのパワーフィール、リニアなレスポンス、そして極太なトルクを生かした豪快な加速性能。加えて大排気量ながらも4バルブマルチの利点を生かし、高回転域までストレスなく伸びる滑らかな回転特性も実現している。

02サブスロットルバルブ付フューエルインジェクション

サブスロットルバルブ付フューエルインジェクション

優れたドライバビリティと環境性能を実現するため、サブスロットルバルブ併用フューエルインジェクションを搭載。インジェクターは、プレート型のロングノズル・高ダイナミックレンジ型。エンジン回転数・スロットル開度などの情報をECU経由で反映させ、最適な燃料噴射を行う。さらに、より的確な燃料噴射のため、インジェクターをできる限り燃焼室に近づけ、それぞれのバルブに向けた角度でインテークマニホールドにマウントした。またスロットルバルブはメインのバルブに加え、モーター駆動によりサブスロットルバルブが作動。徹底したテスト走行から得られた実証データをもとに、ライダーが1:1のリニアな応答性を体感できるよう、緻密にバルブ開閉を電子制御。結果、高いドライバビリティとダイレクトなコントロール性を実現した。また、アイドルスピードコントロールシステムをあわせて搭載。安定したアイドリングを実現し、エンジン始動直後でも優れたドライバビリティを達成している。

03鍛造ピストン&浸炭コンロッド

独自の制御鍛造技術により、鍛造ピストンは金属組織がより緻密でバラつきが少なく、高強度かつ軽量。また、コンロッドは表面に炭素を浸透させて表面強度を上げる浸炭処理により、高回転・高出力に寄与している。

04優れた放熱効果を実現するメッキシリンダー

メッキシリンダー

シリンダー内面にセラミック系のコンポジットメッキを施すことで高回転時にも優れた放熱性を発揮、フリクションロスを低減し、高性能化に貢献している。さらに、メカニカルなシリンダーフィンや左右に張り出したヘッドフィン、6段コアの大型オイルクーラーとともに優れた冷却効果を発揮し、安定したエンジン性能をもたらしている。

054-2-1エキゾーストシステム

優美な曲線を描く4本のエキゾーストパイプを、1番・2番シリンダー連結、3番・4番シリンダー連結の2本にまとめ、さらに1本に集合させる4-2-1システム。各エキゾーストパイプの管長やサイレンサー膨張室、パイプサイズなどの最適化による優れたトルク特性に加え、排気効率アップを図るEXUPを搭載。また、低く太いエキゾーストノートが特徴のサイレンサーは中低速の力強さ、中高速域のシャープで伸びのある豪快なパワーフィーリングに貢献するとともに、精悍な外観をより印象深くアピールしている。

06優れた環境性能の達成

クリーンな排出ガスに寄与する、ソレノイドバルブ駆動のエア・インダクション・システムを搭載。シリンダーヘッドにエキゾースト・エア・インダクションのノズルを配置し、各排気ポートに2次エアを導入することで排出ガス中の有害物質を削減している。さらに排出ガスをよりクリーンにするため、O2フィードバック制御の三元触媒を装備。最適な燃料供給を行うフューエルインジェクションとの相乗効果で、優れた環境性能を達成している。

平成19年度国内排出ガス規制に適合。

07剛性バランスに優れたダブルクレードルフレーム

メインフレームは、高負荷を受けとめる高張力鋼管・大径38.1mmパイプによる、ダブルクレードルフレーム。さまざまな状況における良好な剛性バランスとともに、独自のオーソゴナルマウントによるエンジン懸架は、不快な振動の低減に寄与している。

08スポーティな走りを支える43mmの大径フロントフォーク

インナーチューブ径43mmの大径フロントフォークは、伸側・圧側ともに調整可能なフルアジャストタイプ。減衰力特性を最適化することでスポーティな走行性を実現するとともに、しなやかな吸収性による車体の安定性がシャープな切り返しや倒し込み、ブレーキング時の良好な車体バランスに貢献している。

09専用セッティングのオーリンズ製リアサスペンション

オーリンス製リアサスペンション
オーリンス製リアサスペンション

専用セッティングを施した、オーリンズ製2本式リアサスペンションを装備。ワイドレンジ・コンプレッションアジャスターを装着し、20通りの圧側減衰調整が可能。また、伸側調整ダイヤルも装備。さらに内径49mm・大容量のリザーバータンクはフリーピストンの作動量を減少させ、ストロークに対するガス圧変化を最小限にとどめることで、高い応答性と温度の変化に影響されにくい機構となっている。また、カーボン樹脂のプリロード調整シングルナットは、専用の車載工具により、きめ細かなセッティングが可能。ライダーの好みに合わせた設定により、優れたハンドリングと乗り心地を実現している。加えてアルミ製シリンダーや高弾性ラバーブッシュ装着などにより、サスペンション本体の性能向上とともに、市街地・ワインディング・高速道路などさまざまな状況下で、良好な車両バランスにも貢献している。

10軽量設計・フロント、リアホイール&アクスルシャフト

板厚を最適化した中空3本スポークホイールは、リム部とハブ部を最短距離で結んだストレート形状とし、強さと軽さを両立。またリアホイールはコンパクトなパーツを使用、ホイールまわりの軽量化につながっている。アクスルシャフトは、フロント・径22mm、リア・径28mmの高剛性かつ軽量な中空タイプ。バネ下重量の軽減に貢献している。

11スポーティな走りを支えるフロントブレーキ&キャリパー

フロントブレーキ&キャリパー

軽量・高剛性なモノブロック構造で、ボディにブラックアルマイトを施した異径対向4ポットキャリパーを装着。また制動力や耐摩耗性に優れた焼結パッドは、フローティング・ディスクローターの小径化にも貢献。シャープなコントロール性を実現し、スポーティな走りに貢献している。

12軽量・高剛性リアブレーキ&キャリパー

軽量・高剛性リアブレーキ&キャリパー

軽量・高剛性なモノブロック構造の対向2ポッドキャリパーを装着。また、焼結パッドにより良好なブレーキフィーリングと耐摩耗性に配慮。加えて軽量化のため、肉抜きタイプ・キャリパーマウントボルトなどを装着。キャリパーは、パッドとピストンをオフセットすることでパッド面圧を均一にし、引きずりを最小限にとどめ駆動系のフリクション低減に寄与している。

13アルミ製リアアーム

アルミ製角パイプを使用。シャフトまわりの高剛性にあわせ、ピボット付近にも補強プレートを溶接するなど、バランスのとれた高い剛性により高負荷への許容度を高め、軽快なハンドリングに貢献している。

14専用セッティングのラジアルタイヤ

専用セッティングのラジアルタイヤを装着。サイズはフロント、120/70 ZR17M/C(58W)、リア180/55ZR17M/C(73W)。タイヤ、サスペンション、車体、トータルの剛性バランスを徹底的に造り込んだ。ロードコンタクトに優れ、リニアな応答性・過渡特性により、優れたハンドリングとスポーティな走行性に貢献している。

15存在感を主張する大型フューエルタンク&こだわりのカラー

大型フューエルタンクは、シートとのつながりをよりスムーズにする、後方をグッと絞りこんだデザイン。さらにサイドからのシルエットは躍動感に満ちたフォルムで、XJRならではの研ぎ澄まされた美しさと存在感を醸し出している。カラーは、タンクにレトロかつモダンなストライプとYAMAHA文字ロゴのグラフィックをあしらった、ブラックメタリックX。加えて、レトロレーサーを意識したゼッケンとアルミタンクイメージのシルバーを組合せた、個性的なニューグラフィック採用。トレンドに合わせ、オーセンティック&レトロテイストを強化した新色、シルバーメタリック1をラインナップ。ヤマハ独自の高品位塗装ミラクリエイトとあいまって、ビッグネイキッドらしい迫力と造型美をきわだたせている。

16スリムなサイドカバー&2灯LEDの印象的なテールデザイン

サイドカバー&テールデザイン

「Z」型の窪みをもたせたサイドカバーは、スリムな形状で、乗車時のホールド感を高めている。大型タンクからシート、そしてテールカバーにいたる量感に満ちたラインは、まさにメリハリの効いたグラマラスな曲線美を描き出す。さらに2灯式丸形のLEDテールライトが、印象的なリアビューと高い被視認性を実現している。

17サポート性に優れたライダーズシート

ライダーズシート

居住性とサポート性の最適バランスを目指し、スポンジの硬度・弾性・形状を最適化。走行時のフィット感を高め、優れた乗り心地に貢献している。また、やや前方(フロントアクスルシャフト側)へ配置したハンドルグリップ位置により、スポーティなライディングポジションを実現した。

18高級感と視認性に優れたメーターパネル

メーターパネル

ホワイトLED照明により、ブラックの文字盤にホワイトの数値や目盛りが浮かび上がる2連式メーター。また輝度調整機能は、夜間、輝度を明るく調整することで視認性向上に貢献する。発光指針のスピード&タコメーターは、ともに真下から振れ上がるエキサイティングな設定。パネル中央にレイアウトされた液晶表示パネルは3段表示で、それぞれ時計、フューエルメーター、オドメーター/ツイントリップメーターを表示する。

メーターパネルは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。

19盗難を抑止するイモビライザー

いたずらによるエンジン始動を困難にするイモビライザー※を標準装備している。(インジケーターランプは約24時間後、自動消灯しスリープモードに入りますが、イモビライザー機能は作動し続けます。)

イモビライザーはあくまでも盗難抑止を目的とした装備であり、盗難を完全に防止するものではありません。

20ディテールにまでいたる 細かな配慮

フック

ブレーキレバー、クラッチレバーは5段階の調整が可能。メータースイッチ類も、操作性や節度感を大切にしている。クリアレンズのフラッシャーとスポーティな楕円型バックミラー。また、エンジンマウントブラケット、フットレスト、マフラーブラケット、シフト&ブレーキペダルなどをアルミパーツとしている他、フラッシャーボディやメーターケース※にはクロームメッキを施している。さらに左右両側とも固定できるハンドルロック、メンテナンスに便利なセンタースタンドに加え、グラブバーとリアサスユニットのマウント部にはボルト式荷かけフックだけでなく、後部には収納式フックを装備するなど、細部にいたるまで徹底した造り込みがなされている。

ブラックメタリックXのみ。シルバーメタリック1のメーターケース、ヘッドライトリムはマットブラック2となります。

こちらのモデルもチェック

ページ
先頭へ