本文へ進みます

特長紹介:YZ250/YZ125

MENU

不朽の2ストロークYZ

たとえ、MXの世界最高峰で4ストロークが主役だったとしても、2ストロークの魅力は変わらない。軽快感と瞬発力に優れ、メンテナンスも容易。モトクロスのベーシックを会得する優秀なパートナー。長年にわたり支持されている理由がそこにある。2ストロークYZこそ“ オフロードマニア ”の源だ。

01瞬発力に優れた軽量な水冷2ストロークエンジン

aaaaaaaaaaaa

YZ250には、低中速でのゆとりのトルクを発揮するとともに、ライダーの意図に素早く反応する水冷2ストロークピストンリードバルブ吸気を搭載した。高圧縮比、軽量ピストン&ピストンピン、軽量設計シフトカム、低フリクション設計クランクシャフト、カーボン製リードバルブ、最適セッティングを施したキャブレターなどを採用することで、優れたパワー特性を実現。またマグネシウム製クラッチカバーなどで軽量設計を施している。
YZ125は水冷2ストローク・クランク室リードバルブ吸気エンジンを搭載する。スタートダッシュの瞬発力に長け、オーバーレブ域においても力強いパワーを生み出す。クランク・ドライブ軸間を短く設計し、前傾角を大きくとって搭載。その結果、ボディ全長を伸ばすことなくストレートな吸排気が可能となっている。スカート部を軽量化したフラットヘッドのピストン、高い1次圧縮比確保に繋がるショートな102mmコンロッド、高速追随性に優れたカーボン製リードバルブ、レスポンスに優れるキャブレター、これらの組み合わせが、優れたパワー特性を生み出している。

02優れたトルク特性に寄与するYPVS(ヤマハパワーバルブシステム)

aaaaaaaa

エンジンには、優れたトルク特性を引き出すYPVSを採用。シリンダーの排気ポート部にバルブを設け、エンジン回転数に連動させてバルブを開閉し、実質上の排気タイミングをコントロールするこのシステムによって、低中速域でのトルク特性と高速域でのパンチ力のあるパワー感を両立させている。

アクションカットはプロフェッショナルライダーによる、海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が一部国内とは異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。

03戦闘力を支えるアルミ製セミダブルクレードルフレーム

aaaaaaaaaa
aaaaaaaaa

倒し込むときの軽快感や旋回性、直進安定性、挙動の安定化、ライダー疲労低減、制動時の車体安定性などに繋がる軽量アルミ製セミダブルクレードルフレームを採用。ヘッドパイプ部は精度に優れた鋳造材、メインパイプやピボット周辺は強度に有利な鍛造材、ダウンチューブ下側は衝撃吸収力に優れる押出し材を使うことにより、良好なバランスを実現している。タンクレール部分は高精度なロボット溶接を施し、ステアリングヘッドまわりなどは経験豊富なスタッフが溶接を受け持つことで、しなやかな走りのバランスを担保している。

04優れたギャップ吸収性、走破性をもたらす前後サスペンション

走行イメージ

2ストロークの特性にあわせ専用セッティングされた前後サスペンションは、減衰感と穏やかなクッションの作動性があり、これらがコーナーでの俊敏さを引き出すポイントとなっている。フロントは、インナーチューブ径48mmの倒立式サスペンションで、カートリッジ室への空気混入を防ぎ性能安定化を図る気液分離タイプを採用。リアにはリンク式モノクロスサスペンションを採用、優れたショック吸収性と良好なトラクション特性を両立させている。

アクションカットはプロフェッショナルライダーによる、海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が一部国内とは異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。

05戦闘力に直結するディテール設計

好みに合わせて調節可能なクラッチレバーアジャスター
好みに合わせて調節可能なクラッチレバーアジャスター 
270mm大径フロントディスクブレーキ
270mm大径フロントディスクブレーキ
コンパクトな燃料タンクとフラットシート
コンパクトな燃料タンクとフラットシート

ライディングをサポートするクラッチレバーアジャスターとワイドフットレストを採用。そのほか、ドリブンスプロケット、フロントフォークガード、リアブレーキディスクガード、キャリパープロテクターなどは4ストロークYZで実績のあるパーツである。これらの採用によって、高い戦闘力を担保している。

写真は全てYZ125

062019年シーズンへ向けたニューグラフィック

aaaaaa
aaaaaa

“ The Cool Blue Racer ”をコンセプトに2019年シーズンに向けたニューグラフィックを採用。

こちらのモデルもチェック

ページ
先頭へ