本文へ進みます

ツーリングセローといっしょにキャンプへGO! その1

2013年7月23日
こんにちは、ヤマハ発動機販売の山崎です。

例年よりも暑いと言われているこの夏。
皆さん、暑さに負けずにバイクを楽しんでいらっしゃいますか?

夏と言えば、キャンプですね。実は先日、友人と二人で、避暑を兼ねたキャンプツーリングに出かけてきたんです。その様子を、今回から3回に分けてレポートしたいと思います。

今回のキャンプの目的のひとつが、『TOURING SEROW/ツーリングセロー』の実力を確かめること。ノーマルのセローとはひと味違う、ツーリング向けのアクセサリーをパッケージしたモデルです。私はこのツーリングセローの実力に興味を持ち、キャンプツーリングのために借りることにしました。

友人もノーマルなセローに乗り、暑い都心を出て向かったのは、軽井沢方面。

そこにはもうひとつの目的がありました……。


ツーリングセロー
↑友人と軽井沢近くで合流。ツーリングセローは、まさに“旅バイク”といった印象です。

高速走行時のツーリングセローの乗り心地は、スクリーンがあるおかげで、風の負担が少なく、胸より下の風を和らげてくれました。長時間にわたる高速道の走行の際、身体への負担が減るのではないでしょうか。

そして、リアキャリアには大きめのバッグも積めます。寝袋、調理器具などを積んでも安心です。でも、今回の荷物は少なめです。

それもそのはず、今回向かったのは、キャンプ用品や食材などが現地で調達できるアウトドア施設 「outside BASE[アウトサイドベース]」。

持参した荷物は、着替えとレインウエアなど、最小限のアイテムだけだったのです。

outside BASE
↑北軽井沢で「食・住・遊」が楽しめる「outside BASE」の入り口。静かな林の中の、まるで隠れ家のようなキャンプ場です。

「outside BASE」は、快適生活研究家の田中ケンさんが2008年にオープンしたキャンプ施設。コンセプトが“自然との共存”ということもあって、キャンプだけでなく、近隣の山や森林の中でクライミング、トレッキングなどのアクティビティも楽しめるんです。

センターハウス
↑入り口から少し走り、センターハウスへ到着。

ケンさん
↑センターハウスに到着すると、田中さんがステキな笑顔でお出迎えしてくれました。「ケンさん」と呼ばせてください!

田中ケンさんは、モデルとして男性ファッション誌などで活躍後、アウトドアの世界に魅了され、さまざまな活動を展開されているアウトドアのスペシャリスト。スポーツはもちろんのこと、料理にも精通され、著書「田中ケンのアウトサイドクッキング」では、ダイナミックで簡単なアウトドアクッキングを披露されています。

そう、何を隠そう今回のキャンプのもうひとつの目的は、ケンさんにアウトドア料理を伝授してもらうことなんです。家族や仲間とキャンプするときに、かっこよく美味しい料理をふるまいたいものですよね。そこで、ケンさんに無理なお願いをして、とびっきりのアウトドア料理を教えていただくことになったのです。

料理の前に、ケンさんが今回宿泊するコテージを案内してくれました。

outside BASE
↑「outside BASE」には大小さまざまなコテージやヴィラ、キャンプスペースなどが用意されています。

コテージ
↑我々が利用したスタンダードなコテージ。林の中なので、陽射しもやわらかです。

寝具や調理器具などはレンタル
↑寝具や調理器具などはレンタルしました。おかげでツーリングの荷物が大幅に軽減されました。

コテージの中
↑コテージの中は、大人二人、子ども2~3人の家族が寝るには十分のスペースです。

というわけで、猛暑の都心を離れ、数時間後に着いた林の隠れ家。
ひんやり澄んだ空気と、小鳥のさえずり……。

セローから荷物をおろし、ひと休みしたら、すっかりお腹が空いてきました!

次回は、ケンさんに、手軽で美味しいアウトドアクッキングを伝授いただきます!!

ケンさん
↑ではケンさん、よろしくお願いします!

※「outside BASE」では、田中ケンさんが料理を教えてくれるサービスはありません。本ブログの企画用に特別にお願いしたものです。


【関連リンク】
TOURING SEROW製品ページ
outside BASE[アウトサイドベース]

【関連記事】
旅がもっと好きになる「ツーリングセロー」発売!
思わず旅に出かけたくなるタフモデルとして太鼓判を押していただいた「ツーリングセロー」


2013年7月23日
ページ
先頭へ