本文へ進みます

上級コースってナンダ??!親子バイク教室サーキットコース紹介

2017年3月24日

こんにちは。ヤマハ親子バイク教室 事務局の長谷川です。

親子バイク

親子走行ができることで人気を集めているヤマハ親子バイク教室のサーキットコース。そこに、今年から新たに「上級コース」が誕生しました。(※当日の3回目に設定しています)

「上級コースってナンダ??! 」と思った皆様。
3/18(土)デイトナにて開催されたコースの様子をのぞいてみましょう!
親子10組の皆さん

参加はこちらの親子10組の皆さん。さあ!さっそく課題チャレンジスタート!

・・・とその前に、皆さんに質問です。
Q.これから紹介する課題に共通している「走行時の大事なポイント」は何だと思いますか???じっくり考えながらご覧ください。

◇アクセルワークとバイクコントロールで攻略!ワイドスラローム

コースの様子

アクセルワークでバイクを左右にコントロールする技術が試されるこちらの課題。
苦戦している子がいる中で、すいすい走行できている子も!

◇お父さんをも超える??!クランク走行
クランク走行

見るからに難しそうなクランク!
最初にインストラクターもお手本をお見せしましたが、プロでも緊張!の難易度の高い課題です。

――そういえば、長谷川もバイクの教習時代、クランクで非常に苦労しました。
上手く曲がれないわ、エンストしてしまうわ、パイロンをなぎ倒すわ・・・
「もうクランクなんて一生曲がれないんじゃないか」そんな心折れ、打ちひしがれていた頃の思い出に浸っていたのも束の間、

めちゃくちゃ上手に曲がれているではないですか!!

・・・みんな、めちゃくちゃ上手に曲がれているではないですか!!

衝撃

と衝撃を受けた長谷川でした。

◇くねくね曲がるオフセット一本橋

くねくね曲がるオフセット一本橋

一味加えた一本橋を上手くバランスを取りながら

低速で渡っていきます

低速で渡っていきます

子供達のレベルの高さに一緒に走行していたお父さんや、お母さんもびっくり!

右後方の安全確認

バイクの発進前は「必ず右後方の安全を確認する」ということも、みんなばっちり守れていますね!

自転車でも後方確認

教室に参加後「自転車でも後方確認など安全に気を配れるようになった」というコメントも頂きました。今後も癖付けしてくださいね~!

・・・さあ皆さん、これらの課題で共通する「大事なポイント」って何だか分かりましたか??
―――それはずばり「目線」です!
どんな課題も行きたい方向に目線を向けることが走行の基本になるのです!大人の方も、バイク走行時ぜひ意識してみてくださいね。

行きたい方向に目線を向けること

バイクを心から楽しみ、

バイクを心から楽しみ

乗りこなす子供達の姿はとてもかっこよく

乗りこなす子供達の姿はとてもかっこよく

お父さん顔負けのワイルドさが滲み出ているのでした。

将来警察官や自衛官になってバイクに乗りたい

「将来警察官や自衛官になってバイクに乗りたい」という夢を持つ子も。
子供の可能性は無限大!その夢、ぜひ叶えてください!応援しています(^^)

バイクを操る喜びや爽快感、子供達の成長

親子バイク教室では、お父さん、お母さんにとって親子の絆はもちろんのこと、「バイクを操る喜びや爽快感、子供達の成長」を間近で実感して頂けます。

親子の絆

どうでしょうか皆さん??
サーキット上級コースに参加してみたくなった方!次回の上級コースは6/17開催となります。(※上級コースの対象は、サーキット/アドベンチャー両コースを受講した方となります。)皆さんぜひご参加ください!

もしかして子供に負けてるかも・・・??

「もしかして子供に負けてるかも・・・??」と思ったお父さん、お母さん、ヤマハではバイク操作の基本を学べる大人のバイクレッスンも開催しています。ぜひご参加ください。

☆今回のお手紙紹介コーナー☆

伊集院インストラクター

バイクに乗っているのは伊集院インストラクターかな?素敵なイラストありがとう!

教え方が完璧

教え方が完璧とのお言葉を頂きました。ぜひアドベンチャーコースにも参加してくださいね!

6年生にとって最後の教室

低学年から教室に参加してくれている子から。中学生になると共に、親子バイク教室からも卒業というのが、非常に寂しいです。6年生にとって最後の教室となる4/1のアドベンチャーコース。当日お待ちしています!

お手紙たくさん、ありがとう!

みんなから頂くお手紙がインストラクターの励みになっています!
お手紙たくさん、ありがとう!

次回は4/1アドベンチャーコースの様子をお届けします。
それでは皆さん!また来月~!

ヤマハ親子バイク教室のお申込はこちら!

2017年3月24日
ページ
先頭へ