本文へ進みます

最速の王者だって勝てないことがあるんだ。だからレースは面白い! そしてグランプリ500勝の行方は???

2017年4月26日
みなさんこんにちは、ヤマハ発動機販売・加藤です。

先の週末は、またしてもレースがドッサリ行われ、大変忙しい週末になりました。
皆さんは、どのレースに注目されましたか???

全日本ロードレース

↑まずは全日本ロードレース、JSB1000の開幕戦「鈴鹿2&4」
我らがYAMAHA FACTORY RACING TEAMは、JSB1000・6連覇を目指す中須賀克行選手。フランスで行われたル・マン24時間耐久で2位という成績を収めた野左根航汰選手という新体制で臨みました。

新型YZF-R1

↑新型YZF-R1も公式戦初登場。予選から抜群の速さを披露。

中須賀選手が貫禄のポールポジション

↑中須賀選手が貫禄のポールポジション。

野左根選手は6番手

↑野左根選手は6番手セカンドロー。

YAMALUBE RACING TEAMの藤田拓哉選手

↑そしてYAMALUBE RACING TEAMの藤田拓哉選手が3番手フロントロー。
3年目を迎え熟成が進んだR1が、新型を投入したライバルを抑える大活躍で幕を開けたのです。


中須賀選手、野左根選手がともに転倒リタイア

↑しかし、私も予想しなかった結末を迎えました。
中須賀選手、野左根選手がともに転倒リタイア......

野左根選手の言葉

↑野左根選手の言葉です。「次はワン・ツーフィニッシュを!」
悔しさはある。しかし、2人はともに前向きです。

藤田選手が3位に

↑明るいニュースもあります。
藤田選手が3位に入り、単独では初となるJSB1000の表彰台を獲得!
野左根選手の言葉を借りるなら、ヤマハライダーの「表彰台独占」も夢ではないということ!

平田優選手(全日本モトクロス選手権/IA1)

↑続いては全日本モトクロス。
第2戦関東大会が埼玉県のオフロードヴィレッジで開催されました。

開幕から一歩前進を目指したIA1、勝ちにいったIA2。でしたが... こちらも望んだ結果は得られません。

平田優選手

↑IA1:前回の九州大会で1つ表彰台上がり、今大会では両ヒートでの表彰台獲得を目指した平田優選手。

後半に巻き返すレースで6/5位

↑序盤の混戦で遅れをとり、後半に巻き返すレースで6/5位。

渡辺祐介選手

↑IA2:九州大会での両ヒート表彰台から、両ヒート優勝を目指した渡辺祐介選手。

第1ヒートで2位表彰台を獲得も、第2ヒートはリタイア

↑第1ヒートで2位表彰台を獲得も、第2ヒートはリタイア。
一方、大会全体を見渡せばYZライダーは成績を残しています。


岡野聖選手

↑IA2・第2ヒートでは、昨年のランキング2位、チャンピオン候補の一人である岡野聖選手が第2ヒートでシーズン初の表彰台を優勝でゲット。

凛々しいマスクを持つ岡野選手

↑凛々しいマスクを持つ岡野選手。今後要チェックです!

レディースでは2015年のチャンピオン安原さや選手が3位を獲得

↑レディースでは2015年のチャンピオン安原さや選手が3位を獲得し、今季初の表彰台登壇に成功しています。

キラキラした笑顔を取り戻しました

↑安原選手は開幕戦で予選落ち。しかし今回の3位表彰台でいつものキラキラした笑顔を取り戻しました。ここからの逆襲に期待!

中島漱也選手(15歳)が優勝。

↑さらにジュニアクラスでは中島漱也選手(15歳)が優勝。

発表会ではマシンもお目見えしました。

↑この気持ちのこもったガッツポーズがステキです!

もう一つ。MotoGP世界選手権の第3戦アメリカズGP
実はこのレース、ヤマハにとってグランプリ通算500勝がかかったレースでした。

マーベリック・ビニャーレス選手

↑本命は開幕から2連勝とノリにノッているマーベリック・ビニャーレス選手。

レジェンド、バレンティーノ・ロッシ選手

↑ここまで勝利こそありませんが2戦連続表彰台を獲得。ベテランと言われながら輝き続けるレジェンド、バレンティーノ・ロッシ選手。

ビニャーレス選手はリタイア

↑結論から言ってしまいますが500勝は達成ならず。なんとビニャーレス選手はリタイア。

ロッシ選手は2位を獲得し3戦連続となる表彰台でランキングトップへ

↑一方のロッシ選手は2位を獲得し3戦連続となる表彰台でランキングトップへ!
この歓喜の表情、愛されるわけですね!

最後に今後の予定を少し。
全日本ロードは5月14日スポーツランドSUGO(宮城)。
全日本モトクロスは5月21日の中国大会(広島)。

MotoGPは連休の最終日の5月7日、スペインはヘレスで行われます。
ようやくヨーロッパラウンドに入り、決勝は日本時間の21:00から。もう時差に苦しむことはありませんね。

それでは、良い連休を!



2017年4月26日
ページ
先頭へ